夜中の雨は、期待していたほどの量にはなりませんでした。

朝から、離れの三角田の代かきに来ています。

DSC06286

3aぽっちの可愛い田んぼ。
この地区の代かきは完了してるんですが、
水系が他と違うので代かきがずれ込みました。

IMG_20190529_193614

驚きなのが、この三角の先っぽは他所の田んぼという事です!

DSC06287

こういう田んぼを見ると僕は、大規模稲作法人に身を置きながらも

「大規模稲作って、日本の風土に合っていないんじゃないかな」

と感じてしまいます。
小さい田んぼばかりの地域に、大規模稲作のルールで挑むと、どうしても歪(ひずみ)が生じます。

移動して街なかの田んぼへ。

DSC06292

家が立ち並ぶギリギリの道幅。98馬力のトラクターで出入りするにはシビアなサイズです。
これも歪のひとつです。
田んぼそのものは悪くなくても、周囲の環境で作業の難しくなってしまう圃場もあります。

DSC06295

それでも我が社は基本的に仕事は断りません。

田んぼを選んで、仕事を受けたり受けなかったりしていると必ずチャンスを失う

僕はそう考えます。

DSC06300

工業用ロボットアームの工場の周りに残った狭小田達。
隣は工場の駐車場になっています。

DSC06299

ひぇ〜こんな場所にこんな良い車置かないでください〜

飛沫で汚れたら困ります。PTOを切って寄ります。

IMG_20190529_204917

『街なか』と呼んでいるものの

正確には『街なか(当社比)』です。

ちゃんと田んぼの鳥はやって来ます。
DSC06305

持ち場の分の代かきを終わらせ、若社長に合流しました。
若社長は、ポンプで水を汲みながら3aの狭小田たちを代かきしていました。
若社長が乗っているのは、かつての僕の相棒TJV75
流石にここらの田んぼを若社長のTJW117の5.5mのハローで代かきは出来ないのです。

DSC06330

気が付けばくぐもった空気が晴れて、美しい青空。

DSC06337

若社長が残してくれた圃場に向かう為に、線路沿いの道をーーー

せっ、狭い!

ハローを畳んでも線路柵にこすりそうだっ!

DSC06340

手間がかかるばかりで、旨味のないコンクリート狭小田地域。
代かきも大変なら、田植えも大変。稲刈りなんか地獄です。
近隣住民には疎まれ、地主さんにも見放された田んぼたち。
受けた田んぼは条件が悪くても、やれるだけやる義務と責任が僕ら法人農家にはあると思います。

今日で水の入ったほとんどの圃場の代かきが終わりました。

明日は水回りに行くかな。
麦刈り開始まで、あと2日。
DSC06333