九州を襲う台風の余波なのか

遠く離れた愛知県西部も、ザワつくような風が吹きます。

DSC00531

麦田の溝掘り2日目。かなり難しい作業です

既存の溝、ギリギリまで寄って掘り直す必要があるのですが、寄り過ぎると溝を崩したり落ちたりします。
また掘っている最中は、右後ろが引っ張られている状態なので前輪がどんどん溝方向に落ちて行きます。

とにかく経験を積んで上達するより他ありません。

DSC00542

ちょっと、カメラで撮影をしてみる事にしました。
自分の作業を撮影するのは、オペレーション上達にとても有効です。
何故なら、基本的に農機オペレーションと言うのは上手くても直接収量と関係ないので、美意識を維持し続けるのが困難なのです。
人に見せる前提で撮影をすると、集中力が極限まで高まって上達します。

DSC00543

と言う訳で撮影をしてみるとーー

溝掘り機が過ぎた跡を

Screenshot_20190806-205625

大量のサギが追いかけてきます。

IMG_20190806_205649

駄目だ…サギしか入ってこない…。こりゃサギの動画だわ


そもそもアマサギ(頭が茶色いサギの1種)は群れで行動しますが、溝掘りには耕耘作業の3倍くらいの数が集まります。

DSC00577
DSC00538

大量のサギが集まるのは、溝掘りは餌が豊富に得られるからです。
特に水の通った明渠には、蛙・小魚を始めとした、亀・小虫等様々な生き物が潜んでいます。
その溝をトラクターが轟音を立てて掘り返すので、びっくりして一斉に逃げていくのです。
サギからしたら、潜んでいる獲物を捕らえるよりも、逃げていく獲物を捕らえる方が遥かに簡単なのです。

DSC00548

しかし、このジアス。なかなか僕に馴染んで来ません
僕らプロオペレーターは、どんなトラクターでも『普通』に乗れますが、『普通』じゃ足りないんです。
手足みたいに動かせないといけません。
DSC00533

機械式のギアは、まぁ慣れて来ましたが

(副変速が2つあるのは意味不明)
DSC00563

どうにもポジションレバーの座りが悪いのです。

DSC00575
当たり前解説
ポジションレバーとは、トラクターの後ろに取り付けた作業機を上下させるレバーです。

我が社では、トラクターのポジションは全て手動で操作します。
自動耕深は一切使いません。
何故かというと、そもそも基本車速が速過ぎて自動耕深が追い付かないからです。
右手は常にポジションレバーに添えて、レバーを数ミリ単位で操作しています。

だからポジションレバーの座りが悪いと、酷く肩が凝ります

DSC00572

12年前トラクターに乗り始めたばかりの頃は、ポジションレバーに力を込め過ぎて右手の小指が変形しました。

僕がこのジアスにまともに乗り出したのは昨日からで、まだ10時間目くらい。
機械と心を通わせるには、最低でも50時間は必要です。
気長に行こうか。

最後に溝掘り機を簡単に掃除して

DSC00560

汚れた窓を高圧洗浄で洗って今日は終了です。

DSC00561

久々に上達しがいのある難しい作業。
若社長が一生懸命助言をしてくれます。

少し待ってて若社長。必ず期待に応えます。