3日続いた溝掘りも、とりあえず今日で一区切り


昨日仕事終わりに、若社長が溝掘り機のドリル爪を交換してくれました。

DSC00589

朝出勤すると、若社長は渋い顔をして言いました。

「壮、駄目だ溝掘り機。ベアリングがイカれてる」

DSC00591

マジですか…

確かにPTOを中立にして手で回すとカラカラ音がします。
シャフトもガタガタ
「とりあえず今日は騙し騙し使って、修理に出すわ」
と若社長。
了解です。

やっと少しコツが分かって来たのに、壊れてしまってはどうしようもないです

機械に負担をかけないように、優し目に溝掘りします。

DSC00601

アマサギ達も昨日に引き続いてスタンバイ。
一体どこから来るんだ君たちは。

DSC00592

軽めに掘り進めていると、今度は反転の油圧シリンダーが動かなくなりました

駄目だぁー!完全に機械が仕事を嫌がってるパターンです!

DSC00604

どうにも反転シリンダーの動きがイマイチです。

溝掘り機というのは(畦塗り機等と一緒ですが)右側にせり出た状態が通常方向です。

DSC00640

このまま圃場の突き当りまで掘ると、トラクターの車体分の長さが掘れません。

DSC00641

そこで、溝掘り機を反転させて

DSC00642

Uターンしてから、バックで残りを掘ります。

DSC00643

これが通常の手順です。

昼休みに頑張って戻して、午後からは反転を諦めて続けます。
シャフトは、まだ大丈夫そうです。

DSC00609

ピンチはチャンスとも言いませんがーー

皮肉な事に、ここに来て溝掘りのコツ(の、ほんの門の前程度)に近付きつつありました。
月曜から初めて17時間目。

DSC00614
DSC00618

未練が残るなぁ。
あと20時間くらい続けられれば、ひとまずビギナーは抜け出せそうなのに…
修理に出すので、現場で軽く泥を落としておきます。

DSC00626

会社に戻ると、イセキから積載車が来ていました。
溝掘り機はトラクターごと修理工場に入院です。

DSC00630
DSC00637

溝掘り機やい。元気になって帰っておいで

明日からは隣町の集団営農の除草剤散布です。
台風の余波で、いまだにおかしな方向の風。
明日はどんな風が吹くかな。