今日は隣町の集団営農の、麦あとの除草剤散布です

会社でちょうど空いていたので、4トン車でやって来ました。

DSC00647

僕は、1985年生まれの34歳

18歳で免許を取った時から、4トン車まで乗れる免許でした。
その後16年の間に何度も免許制度が変わり、現在の普通免許では2トントラックも乗れなくなったと聞きます。

DSC00684

『少子化で生徒が減って困る自動車学校の為に、免許細かく刻んだんだろ!』
と糾弾したい気持ちでいっぱいですが、ここでは我慢します。

営農の麦あとの除草剤散布

風のない午前中は、住宅地の麦田を散布します。

後輩に大きな圃場を任せて、僕は点在している狭い麦田を受け持ちます。

DSC00651

こんな所にポツンと麦畑。

IMG_20190808_210424

ここは以前は大きな変形田でした。
埋め立てられて家が建ち、先っぽのトンガリ部分だけが残りました。

DSC00655
IMG_20190808_210951

圃場の隣の住宅が外に布団を干していたので、インターホンを押して

「すいません。今から隣の畑に除草剤を散布したいので、布団を避難させて頂けませんか。15分程で終わります」

とお願いしました。
こうやって声をかければほとんどの人は
「あぁ、わざわざどうも」
と快く片付けてくれます。

DSC00654

昔から田んぼだった!

そっちが後から家を建てたんだ!

などと、自分勝手な主張は無意味です。
家が建って人が住み始めたなら、そこはもう住宅地。後とか先とか関係ないんです。
諦めて行儀良く振る舞います。


住宅地の圃場の最後は、90aの大枡

先に入っていた後輩に「どこまで散布したの?」
と聞こうと電話しましたが、サッパリ繋がりません。
スプレイヤってうるさいもんね。

DSC00664

住宅地の麦田の散布は、午前中に終了しました。
昼からは、川沿いの大枡エリアに移動します。

DSC00666

僕の受け持ちの圃場は、全部で2.3ha
午前中に3aぽっちの圃場を散布していたのが嘘のようです。

IMG_20190808_212901

やや風も出てきて億劫ですが、道路から周囲の土手も除草剤を散布します。
営農役員さんから、土手も畦畔も可能な限り散布して欲しいと頼まれているのです。

機械なら15分程で終わる土手の除草剤散布も、動噴で散布すると半日仕事になってしまいます。
お客さんの望みは可能な限り最善を尽くします。
えーかっこしぃとも言いますね。

DSC00667

段々と強くなっていく風は、3時過ぎには風速4mにもなりました。
流石にもう、散布も限界です。


DSC00677

後輩の方は、機械トラブルであまり捗っていなかったようです。

砂水を吸ってしまったらしく、ノズル詰まりが頻発。
ノズルは一度詰まると、取り外して洗って組み直してで、1箇所5〜10分は時間をロスします。

予想よりも広い面積が残ってしまいました。

DSC00680

全体で、4haの圃場が残りました。
機械トラブルも織り込んで、明日もスプレイヤ2台で1日を覚悟して挑みます。