我が社のお盆休みは、月曜から金曜までの5日間です

今朝は7歳の長女を連れて、近くの県営公園のプールにやって来ました。
広い敷地に真新しい遊具を備えた公園も、この暑さで遊ぶ子供はゼロ。

9時前で軽く30℃以上あります。

P_20190813_101801_vHDR_Auto

プール自体のキャパは大きいのに、駐車場はすぐにいっぱいになってしまうこの公園。
空いてるうちに来るのが吉と思っていましたが早すぎました。
受付20分前に到着。まったく一番乗りです。

P_20190813_084049_vHDR_Auto

市営プールのほとんどは浮き輪が禁止です。
水遊び目的より、水泳目的が強いのでしょう。
ここは県営で、数少ない浮き輪の使えるプールです。
小学校低学年までくらいの子供が遊ぶには、やはり浮き輪の使えるプールが安心です。

P_20190813_084035_vHDR_Auto

プール内はもちろん撮影禁止なので画像はありません。
グーグルマップの航空写真がありました。
画像はちょっとオフシーズンで水が濁っています。

IMG_20190813_194640

水深30cmの幼児用プールに、水深90cmの8の字プール。
本格的なウォータースライダーも備えています。
小学校低学年を連れてくるには、充分なプールでした。

長い夏休みも、子供を連れて行く場所には非常に苦労します

毎度毎度プールにいくのもしんどいですし、こんな猛暑の炎天下では外で遊ぶのも不可能です。
夏休みの子供の体は、鈍ってなまって仕方ありません。

全天候型の子供用の室内運動施設があれば良いのに。


プールから帰って、長女と2人で2時間かけて読書感想文を完成させました

これで、お盆休み中に終わらせたい宿題はポスターだけです。

もう僕の今日の『お父さん仕事』は終わりだろうと思ったら

「お父さん!これ作ってみたい」

長女が先日買った料理の本を持ってきました。

DSC00897

「えーもう許して!」という心の声を圧し殺して、長女が作りたいという『人参のグラッセ』作りに付き合う事になりました。

DSC00895

その昔、自閉症の兄が長女に買ってくれた子供用の包丁とまな板をひっぱり出します。
3年程前に兄から貰った物です。使うのは今回が初めて。

DSC00898

僕は、全員男の5人兄弟の4男として生まれました

3人いる兄のうちの、次男の兄は自閉症スペクトラムの発達障害がありました。
自閉症スペクトラムと言っても、100人100色の特性があると思います。

僕の兄の場合は
  • 言葉が喋れない(「はい・いいえ」「これください」くらいは言える)
  • 自分の気持ちをアウトプットする能力がほとんどない
  • 他人の気持ちをほとんど理解できない
  • 融通ゼロの強烈なこだわり
と、いった物です。
何を考えているのか他人には理解されにくい反面、他人からの悪意には敏感な繊細さを持っていました。
現在は、建築職人の父の手伝いをしています。

そんな兄は、僕の娘たちの事はとても可愛く思っていました

誰に言われるでもなく、うちの娘達の喜びそうな物をいくつも買ってきて(僕を困らせて)くれました。

この料理セット 兄が長女の為に一生懸命選んだ物です

自閉症の兄が、他人の為に思いを巡らせて行動しプレゼントを買ってくるというのは、僕ら家族にとってはとても救いになりました。

DSC00911

皮を剥いた人参を輪切りにします。
「包丁を使う時は、左手は猫の手!
と長女に何度も大声で注意したら半ベソになりました。
輪切りにした人参を、竹串が軽く通るまで茹でます。

DSC00922

茹でた人参のお湯を切って、砂糖・バター・塩を入れて水気が無くなるまで弱火で煮ます。

DSC00928

人参のグラッセの完成です

僕は隣で口やかましくしていただけで、長女がほとんど一人で完成させました。

DSC00936

子供と過ごしていると、幼かった頃の自分を思い出します。
兄弟も多く、親は自分の事で手一杯。
僕は孤独で卑屈で、絵を描くか本を読むかが楽しみの大人しい子供でした。
「兄弟が多いのに孤独?」 
と疑問に思う方もいるかも知れません。でも、そういう兄弟だったんです。

気付けば、幼い頃の自分そっくりに育っていく長女。
漠然とした不満が胸の中で渦巻いています。
質は変えられなくても、僕ら親が寄り添ってあげるだけで救える筈です。