今日もブロッコリー定植からスタート!

「この人、ブロッコリー定植ばっかりしとるなぁ」
とお思いの皆さん。
我が社は米農家です!信じてください!

DSC02311

今日のブロッコリー定植は2回目の種まきした苗です。
昨日の残りの4aだけなので、1時間かからずに終了。

DSC02314

3回目に種まきした苗は、まだ定植するには不安なサイズ。

DSC02317

試しに育苗ハウス隣に植えてみました。

DSC02315

ちょっと厳しいなぁ。
全体の1/4の苗が、定植機の針で抜き取れずロスが多く出ます。
これはもったいない。

DSC02320

3回目の苗の定植は明日以降にするとして、残りの畑の準備をします。
4人いるので、殺菌剤散布と、元肥散布に分かれました。

DSC02321

コート肥料と普通の化成肥料を同量。
10aにそれぞれ140kg散布します。
基本的に非力なので20kgの肥料が普通に重たいです。 

DSC02323

均一に均一にと意識しても、イマイチ正解の分からないブロードキャスターの元肥散布。
後輩は何度も後ろを確認しながら散布しています。

DSC02326

午後からは畝立てです

元肥散布後に耕耘した畑を、中耕ロータリーで畝立てしていきます。
久々登場のイセキTJ85は、4000時間のサブサブ機。
取り回しの良いサイズに高い馬力、優れた燃費性能の名機です。

僕が12年前初めて乗ったトラクターも、このTJシリーズでした。

DSC02331

『優れた』とは言ってもロートル機。足回りはギクシャクで、ギアをスイッチで1速上げるたびにガクンと衝撃が走ります。

DSC02338

ふと、後ろを見ると倍土板を置き去りにして畝立てしていました。
どこかにぶつけた訳でもなく、ボルトが緩んでいたみたいです。

DSC02343

サブ機だから工具を積んでるか心配しました。
シート下の工具入れに一回りのスパナが入っていて一安心。

DSC02339

錆び付いたボルトを増し締めします。
貧相な道具だから、力いっぱい締めてもまだ不安です。
畝立てもあと20a。今日は保ってくれるでしょう。

DSC02344
DSC02345

今日も熱いです!37℃あった昨日より暑い印象

午後からはトラクターのキャビンなので、とっても快適です。
壊れたと聞いていた、このトラクターのエアコンも直してありました。
この間来ていたイセキの人達は、このエアコンを直していたのね。

DSC02348

畝立てが終わったら、畝の手直し。
最初に畝立てした畑は、あまり綺麗に仕上がらなかったので、後輩がずいぶん頑張って直してくれました。
仕事増やしちゃってごめんよ。

DSC02352
DSC02353

さぁ、これで明日は植えるばっかりです。
1日2日で、苗がどれくらい育ってくれるのか…

どちらにしても、とっととブロッコリー定植を終わらせて、月末の稲刈りに備えたいものです。