2019年07月

それいけ豆畑23面相

今日は久しぶりにトラクターの出番

地元の集団営農に依頼されている、畑の大豆播種です。

DSC00132

ここ1ヶ月、ブームスプレイヤのJKB23ばかり乗っていて忘れていました。
そういえば僕は、トラクターオペレーターでした。

DSC00025

キャビンのトラクターはやっぱり最高です。
ラジオも付いてるし音楽も聴けます、

DSC00134

何よりも、エアコン!

猛暑日の仕事の強い味方です。
今まで当たり前過ぎて、有り難みを忘れていました。
ありがとうエアコン。ありがとうエアコン。

DSC00136

さて、僕は大豆播種前の耕耘をするのですがーーー

畑がひどい草。
無理もありません。例年よりも、2週間以上遅い播種です。
長梅雨のせいで予定が遅れ込んでしまいました。

草の多い圃場は2回耕耘します。

DSC00135

圃場サイズが、3a〜10a程度の畑が、20枚以上バラバラに点在しています。
豆田も合わせれば23枚。
1枚1枚は大きくなくても、それぞれが離れていて何枚もあると結構手間です。

DSC00195

この集団営農の大豆は、(悲しい事ですが)大豆を採る事を目的にしていません。
営農組合員さんが持て余している畑を、耕作放棄地にしないようにするのが最大の目的です。

DSC00142

播種と刈り取りは依頼されて僕らが行います。

ですが、その間の管理は実質行う人がおらず放置も同然。
草の勢いに負けた畑では、大豆はほとんど採れません。


昼休みに会社に戻ると、社長がスイカを用意していてくれました

37℃の猛暑日にスイカが食べられるのはありがたいです。

DSC00175

この時期になると毎年、社長がスイカを切ってくれます。
よく冷えていて美味しいです。

DSC00176

我が社は、経営者も従業員も決してベタベタしません

『田植えお疲れ様の宴会』も『稲刈りお疲れ様の宴会』ないです。
社長達が仕事終わりに僕らを夕食に誘うこともなければ、従業員同士で遊びに行く事もありません、

そんな中で、年に一度皆で食べるスイカは、意外と貴重な時間だと僕は思います。

スイカで体も冷めたし、午後からも頑張ります

DSC00180
DSC00186

畑の耕耘が終わったら、今度は豆田の耕耘です。
や~っと広い圃場に来たぞー!

DSC00190

遠くで、播種を行っている後輩のTJ85が会社に戻っていくのが見えました。
中々こちらに来ないと思ったら、故障したようです。

DSC00196

播種が来ないなら、せっついて耕耘する必要も無くなりました。
豆田を40a程残して今日は撤収です。

DSC00203

4時半を過ぎても一向に落ちない気温。
エアコンの効いたキャビンを降りると、灼熱の風に驚きます。

明日は、朝一番で残りの耕耘をやっつけなくちゃ。






スポーツドリンク闇鍋宣言

今日も麦田の除草剤です

昨日に続いて、朝から暑っいです。
今日は会社周りから南下して、稲田に混じった圃場です。

DSC00059

風で除草剤が飛散すると危険なので、
風がない朝のうちに、隣が稲田の圃場を優先して散布していきます。
グリホサート系統の除草剤は、霧のほんの飛沫が稲の葉にかかるだけで、稲が焼けてしまいます。
自社の稲田の隣はギリギリまで散布しますが、他所の田んぼ隣はかなり距離を空けて散布します。
枯れ残った草は、人力の散布で枯らすのが安全です。

DSC00062
DSC00069

大抵風がないのは朝の10時までで、それからゆっくり風が強くなるのがこの時期のこの地域です。

なのに、今日もまったくの無風!

除草剤散布は捗るけど、暑い!

今日の名古屋は最高気温36℃!
午前中でも34℃くらいあります。
口を開けば「暑い」しか出てきません!

DSC00075

頻繁に水路で足を冷却冷却

はぁ〜…もう水路で泳ぎたい気分です。
気持ち濁った水路の水は、先週の土曜日の大雨の名残り。
相当量の雨が降った証です。

DSC00073

会社では、ブロッコリー用のセルポットの消毒が行われていました

ブロッコリーの種まきは盆休み明けです。
消毒したセルに培土を詰めておきます。

DSC00084

嘘だろ!?もう、そんな時期になったのか…

ついこの間、田植えが終わったばかりだと思ったのに。

この地域で、本格的に稲刈りが始まるのは9月の後半です。
その前に、ブロッコリーの種まきと定植があります。
ブロッコリー作業は、稲刈りの農繁期前の最後の大仕事です。

昨日の暑さに懲りたので、今日はお手製のスポーツドリンクを作って来ました

水0.8リットルに、ブドウ糖40gクエン酸1g塩1g。
それに100%ジュースを足します。
朝にオレンジジュースを入れました。
昼に減った分をアップルジュースで補填します。

DSC00091
DSC00095

現場へ向かう途中の自販機で、ソルティライチも買って投入。
こんな気温です。
冷たけりゃ何でも美味しい。

DSC00093

更に暑くなった午後

36℃になりました。ありがとうございます。
今日の目標まで、散布する麦田はあと4枚。

DSC00101

今日は余裕だなーと思っていたら、思わぬ所でスタックしました!


DSC00105

ぬかるんだ明渠が深く、前輪が抜けなくなりました。
200m隣の圃場にいる後輩に、助けを求めて電話をしました。

DSC00114

『…こちらは、ソフトバンクです』


ダメだ!繋がらない!スプレイヤはうるさ過ぎて着信に気付いてくれない!

結局、両手を振りながら後輩の方向に歩いて行くと、途中で気付いてくれました。

DSC00109

後ろからワイヤーで引っ張ってもらって、すぐに脱出できました。
先週から2回目のスタック。
何やら気持ちが緩んでるのかなぁ。

DSC00112

そのあと後輩と最後の圃場を終えて、麦田の除草剤散布は一区切りになりました。

DSC00117
DSC00120

昼にゴチャゴチャに混ぜたスポーツドリンクは、いつの間にか飲みきっていました。
訳の分からない味でも、美味しかった気がします。

DSC00126

梅雨明けからの有無も言わせぬ猛暑に、折れそうな心に。
夕方にやっと風が出てきました。
明日もこんな陽気かな。
慣れるしかないか。










灼熱のラバーブーツ

愛知県も梅雨が明けました!

土曜日の台風の大雨が、最後のあがきだったようです。
はて、電柱に止まる君は誰だい。ニイニイゼミかな。

DSC09997

今日は、小麦田の除草剤散布です

この小麦田は、冬に再び播種をするまで、除草剤を散布して草管理をします。

毎日このスプレイヤで農薬散布しているので、毎日同じ事ばかりしていると思うかも知れません。

DSC09999

同じような作業に見えても、内容は全然違います。

前週の前半に行っていた農薬散布は、稲の植わった田んぼの中に『特定の雑草だけを枯らす除草剤』を散布していました。
先週の金曜日は、田んぼの中に殺虫剤を散布していました。

今日は、麦を刈ったあとの麦田に、『何でも枯らす除草剤』を散布します。
『何でも枯らす除草剤』は、周囲に飛散すると、稲も畑の作物も枯れてしまうので、ブームスプレイヤで散布する時は、もっとも気を使います。

DSC00002

この麦田全面に生えているのはヒエです。
麦刈りで荒らした圃場を直すために、耕耘して鎮圧してある場所です。
麦の切わらによるマルチングがないので、てきめんに草が生えます。

DSC00003

綺麗に生え揃っている草は除草剤で均一に枯らす事が出来るので、管理する側としては不都合はありません。

今日はまったく風がないので、最高の除草剤散布日和です。
土手や畦畔も、ブームで全て散布出来てしまいます。

DSC00008

しかし、暑い!熱すぎです!

近所の生コン屋さんの自販機だけが僕らの救いです。
この自販機には10年以上お世話になっています。
田舎の味方、サントリー!

DSC00014

ブームスプレイヤは、麦田を出る時に明渠を越えなければいけないので、アルミブリッジを使います。

DSC00005

最大15mまで伸びるこのJKB23は、幅が30mのこの麦田を往復するだけで散布が完了出来ます。

IMG_20190729_211751

先日の大雨でまだ圃場が柔らかいので、荒らさないよう最小限のルートで散布したい所。 
本来の出入り口を使わずに真っ直ぐ圃場を上がる為に、毎回アルミブリッジを使います。
これが中々面倒くさい。

DSC00006

我々オペレーターの1番の敵は『横着』です。

横着な心に負けてしまうと、思わぬ事故や故障を招きます。
特にこのブームスプレイヤは、100馬力帯のトラクターやコンバインに比べると遥かに非力で危険な機械です。

熱くて面倒でも、せっせと足場を掛けます。


昼休みに会社に戻ったタイミングでステアリングに巻き付いた泥を落としました

これは、田んぼのなかの除草剤散布で、踏んだ稲とともに巻き付いた物です。
放置すると故障の元です。もう水田に入る予定もないので綺麗にしておきます。

電子部品が多く使われているスプレイヤは、高圧洗浄機を当ててはいけない場所だらけです。
他に当たらないように、足回りだけを洗浄しました。

DSC00017
DSC00021

綺麗になったのは良いのですが、運転席まわりが跳ねた泥で汚れてしまいました…
くっそー!おれは何がしたかったのだ…

DSC00023

結局その後、全体をウェスで乾拭きしました。

さぁ、午後からもガンガン行きます

相変わらず無風
もうちょっと風吹いてもいいのよ?

DSC00032

3時にも午前中と同じ自販機で、同じジュースを買います。
完全にデジャブ。

DSC00042

長靴の暑さに耐えかねて、水路でクールダウン。
ホントは素足で冷やしたいです。
この時期の長靴はとても暑いです。真夏の長靴の暑さは、農業者共通の問題です。
もしもこれを上手く解決する方法を編み出せば一攫千金狙えるでしょう。

DSC00043

年がら年中長靴を履く職種の中でも、トラクターに乗っている半年間はスニーカーで作業させてもらってるので、あんまり偉そうな事は言えません。

本日最後の圃場を終えて、燃料もエンプティ。

DSC00047
DSC00049

暑さでクラクラする頭を抱えて、帰路につきました。

DSC00050

梅雨明けからの急激な暑さに、体がまだ着いていきません。
明日はもう少し涼しくなって欲しいです。
でも、涼しくなると風が吹くんだよなぁ〜

日本3大・夫の迷惑料理

突然ですが、麺を打ちます!

単純に、昼食に食べる物がないのです。

『麺打ち』というのは、
『ピザ焼き』『燻製作り』と並ぶ

日本3大・夫の迷惑料理

の一つです。場所を取る台所を汚すマズい
まぁ、そうならないように気を付けます。

うどん等は打ち粉が必要なので台所を汚します。
今回は中華麺を打って冷やし中華を作ります。

中華麺300gの材料
  • 強力粉   200g
  • 重曹       4g
  • 水           100cc+a
以上です。

中華麺には『かんすい』を使います。ご家庭にかんすいはないので

DSC09898

重曹で代用します。
水に重曹を入れて、鍋でひと煮立ちさせます。

DSC09899

蒸発して減った分の水を足します。

DSC09900

ホームベーカリーの、『捏ねる』モードで小麦粉を空で回します。
普通、パンやピザの生地を作る時は、水を先に入れてから小麦粉を入れますが、麺の場合は逆になります。

捏ねるモードで回しながら、少しずつかんすいを入れていきます。

DSC09903

全体にかんすいが混ざったら、すぐに止めます。
ホームベーカリーのパワーで、麺の生地を捏ねる事は不可能です。
目的は、かんすいを均一に小麦粉と混ぜる事です。

DSC09905

これを先程のボールパンの中でまとめて捏ねます。
軽く馴染むくらい捏ねたら

DSC09906

綿棒で伸ばして→畳んで→伸ばして
を数回繰り返します。繰り返す程にコシが出ます。

DSC09909
DSC09908

これを3等分に切って、軽く伸ばしておきます。

DSC09910

この生地を、パスタマシンで伸ばします。
パスタマシンには、生地を伸ばすローラーと、麺を切るカッターが付いています。
今思うと、何でこんなもの買ったんだろ…?

DSC09911

ローラーは、ミリ調整が出来るので、5mmで伸ばしたら今度は3mm。
最終は2mmまで伸ばします。
ゾロゾロと邪魔なので、1mmに伸ばすのは切る寸前にします。

DSC09916

1mmに伸ばしたら手早く切ります。
カッターは3mmなので、3✕1mmの平麺。

DSC09917
DSC09919

沸かしておいたたっぷりのお湯で茹でます。

ホントは生地を寝かせたり麺を寝かせたり色々あるんですが、面倒くさいのでとっとと茹でます。

DSC09921

生麺なので、2〜3分茹で上がります。
水にさらして麺を洗います。

うーん。ちょっと重曹が少なかったかな…
うどんとラーメンの中間みたいになってる…

DSC09922
DSC09923

麺つゆとポン酢と水を1・1・1で混ぜてツユを作ったら、ハムやらマヨネーズやら、カットサラダなんかを載せてマヨネーズをかけて完成。

写真を取ることに気を取られて、盛り付けが盛大に雑になりました


DSC09927

味は、まぁ普通でした

粉から作る利点はーーーあまりないです。市販の生麺の方が便利です。



所で、今日は愛知下水道科学館に行ってきたので、その事と生活排水が流れ込んでしまう田んぼの現状を書こうとしたのですが、ページが足りなくなりました。

DSC09989

下水道普及率の一向に上がらない我が街は、生活排水を浄化槽を通したのちに田んぼの排水路で排出する住宅が多くあります。

DSC09961
上のシリンダーのグラフは、下水道の普及率です。

用水・排水兼用の田んぼでは、そんな生活排水が田んぼに流れ込んでしまうーーーといった話ですが、それはまた今度。



コマ撮りアニメの舞台裏

最近、YouTubeの冒頭や終了画面に、ブロック農機のコマ撮りアニメを使っています

Screenshot_20190727-165621

これが、作るのが中々面倒です。気合を入れて
さぁ!作るぞ!と構えないと作る気になれないくらい。

今日は雨で大したネタもないので、このコマ撮りアニメの作り方を紹介します。

DSC09843

使うアプリは『ストップモーションスタジオ』という無料アプリです。
有償バージョンまで購入しなくても大丈夫です。

Screenshot_20190727-161113_1

まずは登場する農機を決めます

複数台の絡みの方が面白いですが、同時に動かすのは大変です。
僕が同時に動かせるのは3台までです。
今回は、クボタのダイナマックスとイセキのジアスセミクロを使います。

DSC09846

スマホをカメラスタンドに固定します。
今回のアニメの段取りは
1・画面外からジアスが走ってくる

DSC09847_1

2・カメラの前で倍速ターン。そのまま画面外へハケて行く

DSC09848

3・途中からダイナマックスが動き出し、ジアスを追いかけてハケて行く

DSC09851

という物です。

農機を数ミリ動かすごとに、撮影をします。

だいたいトラクターならこう動く

コンバインならこう動く

というのを頭の中でイメージしながら動かします。
これはオペレーターの勘です。

DSC09857
DSC09864
DSC09867

コンバインがハケるまで撮影出来ました。
ちょっと物足りないのでアドリブで、紫ユニックをカメラに向かって走らせて見ます。

DSC09876

車の動きは初動から加速してどんどん早くなるので、
1コマ目は3mm
2コマ目は6mm
3コマ目は12mm
と、動かす距離を大きくしていきます。

DSC09883

撮影を終えたら、動画の書き出しです。

フレームレートは1秒間に30コマにします。

DSC09891

全部で185コマで6秒の動画です。

撮影に30分かかって、たったの6秒!

DSC09894
DSC09895

という訳で、完成した動画がこちらです。


作るのにかなり精神力が必要で、また使った時間に見合うほどウケるとも限らないので、あまり作りません。
ぶっちゃけコストパフォーマンスが悪いです。

YouTube農業動画の、各所に散りばめるくらいかなぁ。



プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』