2019年09月

カルマ(業)の草取り

台風の余波で朝方まで荒れていた愛知県西部

今日は田んぼの草取りに来ました。

DSC02838

思いの外早く雨は上がったのものの、田んぼも稲も濡れています。
ついに今月初めに購入したカッパの出番です。

DSC02834

DCMブランド(カーマホームセンターのプライベートブランド)の3000円のレインスーツです。
透湿という事で期待しましたが、普通にムレます。
生地は軽くて快適でした。あとは撥水性能の耐久性が気になる所。

4人がかりで、要所要所の草を取っていきます

完璧に取る時間はありません。
コンバインが快適に刈れる状態に持っていくので精一杯。

DSC02839

この地方の、僕らのような大規模稲作法人の田んぼは、どこもかしこも草だらけです

古くは『賃耕屋』という、お客さんの田んぼの稲作作業を請け負う仕事から始まった僕らは、農機オペレーションに特化する反面、田んぼの管理が得意ではありません。

以前までは7割お客さんの田んぼで、3割しか自社の管理田んぼが無かったので大丈夫だったのですが、お客さんの高齢化や米価の下落などで年々管理田んぼが増えていきました。
今では7割近くが自社の管理田んぼになり、そうなると管理が途端に追い付かなくなったのです。


午後からは雨の心配も無くなったので、先週残した大豆畦畔の除草剤散布を終わらせます


DSC02847

今年の大豆は、長梅雨の前に一気呵成に蒔いてしまいました。
葉っぱばかり茂ってしまって、肝心の実入りが心配です。

DSC02848

除草剤散布が終わったら草取りの続き。
地元の50a田が、かなりひどい事になっています。

DSC02852

主に生えているのは、ヒエ・ヒレタゴボウ・クサネムです。
数回に渡る水稲除草剤の散布も、枯らすには至りませんでした。

DSC02854

原因ははっきりしています。
原因は、隣にある我が社の転作麦大豆と


DSC02865

西を走る本線水路です。

DSC02884

この地方では外周と中に深い溝を掘って作る転作小麦(夏秋は大豆)は、ちょっと問題をはらんでいます。

IMG_20190923_195255

外周の溝を稲田よりも遥かに深く掘る必要があるので、隣に稲田があると水が漏れるのです。
特に僕の地方の畦畔除草は、除草剤に頼り切り。
畦の崩落は当たり前です。

DSC02874

本線水路は、5月から9月の始めまで常に水が流れています。
老朽化が進んでいて、その水が染み出して田んぼに漏れるのです。

DSC02886

常時水が入ってしまう田んぼは、畦や排水口が決壊します。
水止めが決壊した田んぼは、てきめんに草が生えてしまいます。

また、カラカラの田んぼよりも濡れた土の表面が顔を出すような田んぼの方が、ヒレタゴボウのような草は生えやすいのです。
『水路からの水→畦の決壊場所へ』のように、水の流れがある田んぼは水稲除草剤があまり効きません。

そこまで分かっていながら、忙しさにかまけて指を咥えて見ていたのが僕らの不徳です

DSC02879

せっかく50aもある立派な圃場を、こんな勿体無い事にしてしまって痛恨の極みです。
除草剤も高額ですし、僕らの人件費も安くありません。

結局午後から4人で草取りにかかっても、半分も終わりませんでした。

情けない話ですが、ずっと
『草が生えたら水稲除草剤を散布』でやって来ました。
もう、それでは駄目なのだと感じ始めています。
『そもそも草を生やさない』管理に全力を注げるようにしないといけないのだと思います。












父「お前ホントに、ちゃんと仕事してんのか?」

9月もやっと22日

今夜は、同じ圃場の稲刈りの動画の、2種類の編集の2バージョンを投稿しました。
なんせ28aの稲刈りなので、通常の編集ではどうしても15分以上の動画になってしまいました。

15分以上の動画というのはボリュームがあり過ぎて敬遠されてしまいます。
そこで、気軽に見やすい6分のタイムラプス動画を別に編集して、同時にリリース。

IMG_20190922_193209

22日現在で今月は12本のYouTube動画を投稿しました

まったく、今月は地獄のようです。

IMG_20190922_193151
IMG_20190922_193130
基本、今月は2日に1本のペースでの投稿に挑戦しています。

昨日、久しぶりに会った父親(65歳)に
「最近は毎日ブログを書いて、2日に1本YouTube動画出してるんだ」
と言うと

「おまえホントに仕事してんのか?」

と言われました。
しとるわい!

ハイペースな動画制作の秘訣は、動画編集専用にスマートフォンを買った事です。
Huawei P30lite(29800円)

DSC02825

今月からの動画は、すべてこれで編集しています

以前までは、このブログを書くのも動画編集も、1台のタブレットで行っていました。
そうすると、動画の取り込みや書き込み中にはブログも書けず『待ち』の時間が多くありました。

動画編集をスマホ1台に集約した事で、大幅な効率アップに成功しました。

DSC02827

またスマホなら、仕事の休憩中や空き時間でも編集作業を進める事が出来ます。
「何もそこまでしなくても」
よく言われます

『他の人がしない事をあえてやってみる、その中に価値が生まれる』

と、イセキの営農情報誌『ふぁーむ愛らんど』の取材で若社長も言っていました。
気楽に楽しく、趣味の範囲でやるなら良いでしょう。
ですが、その先の本当の楽しさに辿り着きたいならやっぱり、血反吐を吐く思いをするのも一興です。

稲刈りで会社に持って行く撮影機材は、小さなカメラバッグに入るだけの僅かな機材です


コンバインのキャビンはそんなに広くありません。
シートの後ろのスペースにこのバッグを置いています。

P_20190922_173301_vHDR_Auto

機材は、アクションカメラ3台にSONYカメラ2台。
ジンバルにスマホ。あとは予備バッテリーです。
確かに『お前、何しに職場に行ってるの?』
と言われても仕方ない中身です。

P_20190922_173541_vHDR_Auto

いやいや、他の人がやらない事をあえてやるんですよ。そこに価値が生まれるんです。
誰もが発信者になれるツールを手にする時代だからこそ、発信力という能力が試される時代でもあるんです。
そしてそれは、たゆまぬ努力によって磨かれる物なんです。

ジンバルは買ってみたものの、まだ活用出来ていません。
意外とセッティングに時間がかかるのがネックになっています。

とりあえず、稲刈りの動画はあと3本撮影済です。
急いで3本とも編集して、次の撮影に備えます。


本屋はどこに消えたんだ!?

先週から7歳の長女に、付録付きの雑誌を買ってあげる約束をしていました

稲刈りで忙しくなる前に実家に顔も出しておきたかったので、実家にいくその足で本屋に寄る予定でした。


土曜日は家の事が溜まっていて、細々と忙しいです。
妻は朝から部屋の掃除。
僕は台所と浴室の掃除を担当しています。

それと、しょうもない仕事がひとつ

DSC02789

3歳の次女が蹴破った壁の補修です。
部屋で勢い良くでんぐり返しをした次女が突き出した足が、壁の石膏ボードに穴を空けました。

築30年の中古住宅とは言っても、悲しくて泣きそうになりました!

化粧ベニヤに壁紙を貼った物で塞ぎます。

DSC02790

ところで先日、山梨県笛吹市の葡萄農家さんから、葡萄を購入しました

ツイッターを始めた初期からの馴染みのフォロワーさんです。
去年買ってとても良かったので、今年も注文しました。

IMG_-q2mqti

シャインマスカットを中心に、その他4品種。
全部で4キロもあります。

DSC02732

これを、いくらか実家に持って行きます。
掃除やら家の事が終わって、3時に家を出発しました。

待ちわびた長女は、テンションMAXではしゃいでいました

それまで長女には「付録雑誌を買ってあげるから」とエサで釣り、3連休の宿題を全て終わらせたり、苦手な食べ物を食べさせたりしていました。

しかし道中にある本屋が、市会議員選挙の手伝いで臨時休業

仕方ないので、実家への道を迂回して17年前に通っていた工業高校そばの本屋に向かいました。
CDも販売していて、インディーズコーナーもありました。
当時、BUMP OF CHICKENのインディーズアルバムを買った記憶が蘇ります。

更地になってました!

IMG_20190921_210925

嫌な予感はしたんです。
それならもう1軒、20年前に通っていた本屋を目指します。
当時中学生だった僕は、その本屋でライトノベルを買っていました。
スレイヤーズ…、オーフェン、角川のファンタジーノベル全盛期の思い出が頭をよぎります。

胡散臭い健康ストアになってるーーー!!

IMG_20190921_211237

本気で書店難民になって来ました。

ちょっと長女に御褒美の付録雑誌を選ばせてあげたいだけなのに!

いや、まだ小学生の頃に少年ジャンプを買う為に通っていた本屋さんがあります!
5人兄弟の僕は、兄弟でお金を出し合ってジャンプを買っていました。
当時、弟はまだ幼かったので4人で50円ずつ出して200円のジャンプを買っていました。
店内に陳列された成人誌にドキドキした思い出がーー(以下略)

はい!クリーニング店になってました!

IMG_20190921_212628

それも現在は、クリーニング店も閉店していました。
いやはや、Amazonの浸透で町の本屋が潰れているとはかなり昔から聞いていましたが、子供の頃から思い出の残る本屋が軒並み潰れているのは驚きでした。

結局そのままイオンモールまで行きました


DSC02794

イオンモールには夢屋書店が入っています。ここは先週にも行ったばかりなので間違いありません。

長女はディズニー系の雑誌を、次女は幼児雑誌の『めばえ』を購入。
ディズニー雑誌は付録は豪華だったものの、1000円の値段に閉口しました。

DSC02806

実家で父に、書店がみんな閉店している話をすると
「そうだよ。もうこの町には本屋はイオンモールにしかないんだよ」
と笑っていました。

「でも、父ちゃんも随分雑誌買ってるだろ?困らないの?」

「もう雑誌、1冊も購読してないよ。知りたい事は全部ネットで調べて、あとはYouTube!!」

「……YouTube!?」

65歳の父でさえ、とにかくネットとYouTube。
こりゃ本屋が潰れるのも無理はないや。

限りなく透明に近いイセキブルー

西から3本の飛行機雲が走っています

快晴の愛知県。
それでも天気が良いのも今日まで。
明日からの3連休は天気が崩れるそうです。

DSC02743

もう2週間雨が降っていません。
カラカラのブロッコリー畑は雨を欲しています。


DSC02745

今日は、地元の営農の麦田の溝掘りに来ました

溝掘りと言っても、既存の溝を掘り直すだけです。
会社の溝掘りも隣町の営農の溝掘りも、先月のうちに終わっています。
この地元の営農は除草剤の散布をなかなかしてくれなかったので、溝掘りも随分遅れてしまいました。

DSC02746

転作で麦を作った田んぼにそのまま稲を作る地域も多い中で、僕の地方の転作小麦は、刈り取り後に何も作りません。

冬の次の小麦播種まで、草管理のみです。
湿田地帯に溝を掘って、徹底的な排水を施してやっと作る小麦。
一度麦田にした圃場は簡単に稲田には戻せないのです。

IMG_20190920_210031

刈り取り後の麦田は、夏に1回目の除草剤散布を行い、秋の播種前に2回目の除草剤散布を行います。

これは7月の除草剤散布の時の画像。
この機械はブームスプレイヤと言って、農薬を散布する機械です。

DSC00690

この地元の営農は自分達でブームスプレイヤを所有しているので、除草剤散布を自分達で行います。
しかし、他に本業のある人達の集まり。
なかなか適期に散布が出来ず、草丈を長くしてしまいました。

DSC02777

この草だらけの麦田で溝を掘るのが、本当に大変です

なんたって、何も見えないのですから!
こんなになるまで放置するなら、早いうちに僕らに散布を任せてくれれば良いのに。

お昼に会社に戻る為に溝掘り機を格納しようとすると、動かなくなりました

DSC02760

リモコンの電源が入らないのです。

DSC02761

色々配線を確認しながら原因を探りましたが、配線が多過ぎて訳が分かりません。

DSC02770

DSC02764

昨日までこの溝掘り機を使っていた若社長に電話で聞くと、右後ろのカプラ付近の結束した線が不調だ、と教えてくれました。

何度か繋ぎ直したら無事復旧しました。

DSC02783

午後になり、溝掘り予定の圃場もあと3枚。
草があまりに多く、目隠しをしながら溝を掘っているも同然です。

DSC02778

草がなければ、このように綺麗に掘れます。

DSC02753

草が多いと、こんな感じで精一杯。

DSC02748

爽やかな晴天はどこへ行ったのか。
3時を過ぎたあたりから、雲行きが怪しくなって来ました。

DSC02785

雨前に予定の溝掘りを終えました。
少し時間に余裕があったので午前中に掘った圃場のうち、納得出来ない溝を掘り直してから帰りました。

DSC02786

ドリルには大量の草が巻き付いていました。
麦田で綺麗にしてから帰路に着きました。
雨が降る前に溝掘りが終わって幸いでした。

明日からはしばらく雨。どれだけ降ってくれるかな。
次の稲刈りは、来週中頃の予定です。







あさひの夢を諦めないで

あさひのゆめ稲刈り3日目です!

今日で会社のこの品種の稲刈りは終わる予定です。
副社長のHJ698と2台で刈ります。

DSC02666
DSC02668

毎年、菊農家さんから稲の切りわらのロールを注文されます

切りわらを、菊のマルチングに使うそうです。
稲刈り後のカットした藁をベーラーという機械で集めます。
ベーラーで集めやすいように、廃わらの拡散を解除しておきます。

DSC02673
DSC02671

こうすると、ベーラーで簡単に拾う事が出来るのです。
しかし、ベーラーで拾わないのなら耕耘の邪魔になります。

DSC02675

31℃の気温に強い日差し。
空気が乾いていて風があるので、それ程暑さは感じません。

DSC02679

三枚目の圃場は、おあつらえ向きのL字変形田。
ここでYouTube用の動画を撮る事に決めました。
ちょっと草が多いので、目立つ草を取っておきます。

DSC02687

毎年、水路から漏れた水でひどい湿田なのに、今年はびっくりする程乾いています。
刈るのは簡単でも、これじゃあ動画のパンチが弱いじゃないか!

DSC02690

本日のメインディッシュはこの田んぼです!

完全にヒエ畑です。ありがとうございました。

DSC02693

何故、こんな田んぼになってしまったのか?
対処は出来なかったのか?

Q・何故、こんなにヒエが入ってしまったのですか?

A・田植え以来、水がほとんど入らなかったのです


Q・何故水が入らなかったのですか?

A・この圃場は水路の末端です。水路の上流で止められてこちらまで回って来なかったのです

DSC02715

僕の地方の水の取り合いは、話合い等はほとんどされません。
マメな方が勝ちます。
規模が大きくなればなるほど、水の取り合いには不利になってきます。

Q・除草剤は散布しましまか?

A・クリンチャーを散布しました 圃場が乾燥し過ぎて効果が出ませんでした

DSC02699

まったく、なんと情けない事でしょう

これが僕らの現実です。
大規模化の行き着く先は、必ずこれです。
良い機械と、良い薬を使いながらも、管理で後手に回り田んぼをこんな風にしてしまう。
いつも、何とかしたくてしたくて堪らないのに!管理面積が多過ぎて、何とも見動きが取れません!
田んぼ1枚の水の為に、何日も張り付いていられないのです。


ヒエの倒伏方向に沿って、3条ずつ刈りました

トラブルはありませんでしたが、30aに1時間半かかりました。

DSC02720

随分コンバインが草の種で汚れたので、丹念に掃除をしてから圃場を出ました。

最後は50aの大型田。
隣では、副社長のHJ698が稲刈りをしていました。

DSC02721

ここはまともな圃場で、収量もまずまず。

副社長が飲み物を買ってくれて、僕のチームと副社長のチームの6人で休憩をしました。
副社長(58歳)のここ数年の楽しみはYouTubeを見る事です。
どんな動画を見ているのか尋ねると

「競馬と農機と女の子」

と答えました。そおなんですね!

DSC02727

籾を積んだトラックを先に搬入に向かわせて、一人でゆっくり丁寧にコンバイン掃除と油差しを行いました。
とりあえずお疲れ様、HJ6123。
次の稲刈りは来週かな〜。








プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • カルマ(業)の草取り
  • カルマ(業)の草取り
  • カルマ(業)の草取り
  • カルマ(業)の草取り
  • カルマ(業)の草取り
  • カルマ(業)の草取り