小麦田の除草剤散布2日目です


なんとも嫌〜な空。天気予報には午後から傘マークが付いています。
ラウンドアップは吸着が早く、散布の1時間後くらいなら雨が降っても枯れてくれます。

DSC03285

今の所は空を覆う雲は薄めです。
西に岐阜県の山、多度山が見えます。
多度山の形がはっきりと分かるうちは、まだ雨は大丈夫です。

DSC03289

農道に乗用車が入って来ました

何かと思いきや、いつも稲刈りで籾運びをしてくれているお爺ちゃんが差し入れを持って来てくれたのです。
接骨院の帰りに通りかかったら、僕らがいたのでUターンして来たそうです。

DSC03290

ありがてぇありがてぇ。
BIGサイズのBOSSブラック。僕の好物です。

DSC03291

会社の近場の散布を終えて、数キロ南へ向かいます

朝から後輩が1台で除草剤散布をしています。
タイヤが細くクッションも悪いブームスプレイヤで長距離を自走するのは辛いです。
具体的に言うとお尻が痛くなります。

DSC03294

昼休みには社長が

「まぁ雨が降るぞ!急がないかん」

と急かして来ました。楽観的な社長が珍しい。
今日で除草剤散布が終わらないのも面倒なので少し急ぎます。

DSC03296

どういう訳か、麦田のド真ん中にスイカが生えていました

DSC03303

小さい実もいくつか付いています。
こんな真ん中で、どこから種が紛れ込んだのか?

DSC03304

この地区を先に散布していた後輩と合流して、最終の打ち合わせ。
希釈した農薬は使い切りが原則。
最終でタンク内の除草剤が空になるように散布しなくてはいけないのです。


DSC03307

最後の圃場で、見慣れない草花を見つけました。
長く伸びたピンク色の花。

DSC03317

なんだろう?この草花。見たところセロシアやケイトウに見えます。

DSC03319

色々調べた結果、野生のセロシア『ノゲイトウ』
のようでした。

IMG_20191002_211600

にゅ〜っと伸びた可愛い花。枯らすのは忍びない思いです。



DSC03326

最後の圃場で除草剤を使い切って、残りを後輩にバトンタッチ。
なんとか雨が降る前に終える事が出来ました。

DSC03331

トコトコと再び自走して、5キロ離れた会社まで戻ります。
保ってくれ!おらのお尻!

DSC03333

片付けを終え、少し余った時間で副社長の作業場を覗きに行きました。
先週に鉄筋棒を巻き込んで壊れたロータリーカルチの修理が行われていました。

IMG_20191002_212436
DSC03339

農繁期に1年後にしか使わない機械の修理に夢中になる師匠。
整備と修理がこの人の生き甲斐なのです。

これも、ある種理想の生き方のひとつ。