今日は隣町の自社の田んぼを刈りに来ました


残念ながら、今年のお米の出来はイマイチです。
昨年も猛暑と台風で不作の年でした。
今年は猛暑と日照不足かなぁ……

DSC03416

何だか、暑さにお米が着いていけてないように感じます。
草ばかり強くていけません。

例年ならフレキシブルコンテナ3本採れる田んぼが2本半。

DSC03419

この地域は、住宅地の中の田園地帯。
貫く県道にはひっきりなしに車が通ります。

DSC03424

刈るのは簡単。ただ、籾の排出と移動が気を遣います。
コンバインは大きい道を堂々と走る事は出来ません。

DSC03422

田んぼが乾いていて道路を汚さないのは幸いでした。
しかし、次の田んぼへの道が社長の稲刈りチームて塞がれています。

DSC03427

仕方ないので大きく迂回。

DSC03426

この圃場、右が営農で左が自社の田んぼです

いくらなんでも境界が分からなすぎて、軽く足で踏み分けておきます。

DSC03428

ここでも非常に困るのが、籾車の置き場所です。

DSC03429

西の新興住宅地から県道に抜けるために、農道を通る車の多い事多い事。

IMG_20191005_212957

「ここは農道だぞ!農作業者優先だ!」
なんて議論は、不毛です。
地主さんやお客さんから依頼を受けているとはいえ、どちらかというと僕らの方がよそ者。
時は金なり。農繁期の時は黄金なり。
揉めても時間の無駄です。車が来たら「すんませ〜ん」と言ってとっとと退かすのが1番です。


次の田んぼには恐ろしいトラップが隠れていました。

DSC03439

コンクリート柵版に物騒なハチの巣。
すかさず助手のおじいちゃん達に近寄らないように知らせておきます。

DSC03441

最後の圃場を刈っていると、隣に社長が入りました。

社長は、周りに人がいるとシャカリキにスピードを上げる男です。

DSC03445

特に、隣に一番弟子の僕がいるとなるとハリキリマックス。
秒速2.1mくらいの全速で刈っています。

DSC03446

そんな社長を横目に、僕も全速で刈り終えました。
昔は僕がコンバインに乗るたびに小言を言ってきた社長も、気がつけば何も言わなくなりました。

DSC03448

それは僕にとっては、嬉しくあり、寂しくもあります。
自分以外の誰も認めず、いつも尖っていた社長が、今更しおらしい年寄りになろうなんてズルいですよ!
僕の愛する社長は、ずって尖ってて!