朝方に降った雨で、本日は稲刈りが出来ません

昨日社長に
「雨が降ってたら休みな」
と言われていました。
残念な事に、通勤時間にほ雨が降っていません。
がっかりしながら出社すると、従業員の半数は休みでした。

くそっ!やられた!

今日は年貢米配りです。
先日、後輩達が配っていた残りが7件。急な雨に対応出来るようにシートを完備して出発。

DSC03557

年貢米とは、地主さんに借りている田んぼの賃料として、地主さんに払うお米です。
各地域それぞれに呼び方が異なりますが、うちでは『年貢米』と呼びます。



僕らのような稲作請負業者が作業をする田んぼには、大きく分けて二種類の田んぼがあります。

すなわち作業委託全面委託です。

作業委託とは

  1. お客さんに頼まれて
  2. お客さんの田んぼを
  3. 耕耘・代かき・田植え・稲刈り等
する田んぼです。
あくまで名義はお客さん。管理もお客さんで、収穫したお米もお客さんの物です。
我々、稲作請負業者はお客さんから作業代金を頂きます。

対して全面委託とは

  1. 地主さんから預かった田んぼで
  2. 我が社のお米を作ります
収穫したお米は我が社の物です。管理も我が社が行います。
地主さんには土地の賃料として、面積に応じたお米を払います。


耕耘・代かき・田植え・稲刈り。
行っている作業はまったく同じでも、それぞれは対極にあります。


地図を片手に、古くて狭い集落を歩きます
年に一度しか尋ねない上に、古い農村の集落は同じ名字の人が密集しています。

DSC03554

各地主さんは、(当たり前ですが)元々が農家さんばかりです。
大体は納屋を持っていて、お米を冷蔵保存する為のライスストッカーを所有している人も多いです。

ここ数年は、年貢米を収納する為にライスストッカーを開けさせて貰うと、去年の年貢米がまだ残っている地主さんも増えて来ました。
夫婦、もしく単身で暮らしているお年寄りには、年貢米もとても消費しきれないのです。

お米が御馳走だった時代も、今は昔。
そもそもお米を食べる人が減りました。
加えて、低糖質・炭水化物制限のブームで、真っ先に悪者にされるのはお米。

誤解です!お米は食べてもそんなに太りません!

食べたら太るのは……パンだっ!!