尋常じゃない霧の朝

愛知県西部は、早朝から濃い霧に包まれていました。

DSC04247

霧の粒が大量の朝露になって、稲から道路からベタベタに濡らしています。
当分稲刈りは出来そうもありません。
土場で、先日の最終でやりそびれたコンバイン掃除とチェーンの注油を済ませます。

DSC04250

ちょっと刈り取り部の部品を追加。
このコンバイン、HJ6123は、納車から半シーズンだけ副社長が乗って「乗りにくい!」と僕に回ってきた物です。

副社長の手によって、メンテナンスに邪魔な部品は全て取り払い済みです。
しかし、たまに外してはマズイ部品も外してトラブルを起こす事があります。
今回は過去に外されたスターホイールの巻き付き防止ガイドを取り付けました。

DSC04256

掃除を終わらせて、これまた先日に地主さんに頂いた名古屋銘菓『なごやん』を食べました。
生まれも育ちも尾張一宮の僕でも、食べるのは初めてです。
なんというか……普通のおまんじゅうの味!
ブラックコーヒーと、とても合います。

DSC04254

現場に着いてもなかなか稲は乾かず、稲刈りを始めたのは10時半からでした。

DSC04258

雨でグチャグチャ。思えば昨日の雨も結構な量が降りました。
クローラの泥を掻き出してから圃場を上がります。

籾運び兼助手の二人には入念な道路掃除を頼んで、ひとり次の圃場へ向かいました。

DSC04265

午後からの1枚目はお客さんの田んぼ。
コンクリートそばまてギッチリ手植えされています。これは機械では刈れません。
去年はコンバインで無理に刈ろうとしてステップをコンクリート杭にぶつけました。

DSC04269

助手のおっちゃんと2人で手刈り。1条を30m程度と言っても結構な量があります。
うーん捗らない。余分な仕事だなぁ。

DSC04274

次の圃場もドロドロ湿田。
ここまでドロドロだと、もう諦めの境地です。

DSC04282

今度は大きなヒレタゴボウの生えた圃場

とりあえず1人で草を取りながら刈ります。大物のヒレタゴボウさえ片付ければ、あとは楽に刈れました。

しかしおかしいな。ここも除草剤散布したと思ったけどなぁ。
ヒレタゴボウがこのサイズまで育つって事は、散布し忘れたのかな。

DSC04283

最後の圃場には狸が潜んでいました

寸での所でコンバインで轢かずに済んだのは幸いでした。
例年なら地元で数組は見ますが、今年は見かけませんでした。

この田んぼは地元よりもかなり住宅地にある田んぼです。
狸って意外とどこにでもいるのだな、と関心しました。

DSC04289

最後の圃場を刈り終えて今日は終了。
スタートが遅かった分、全部で9枚しか刈れませんでした。

DSC04293

明日は朝から刈れるかな。
いい加減稲刈りも飽き飽きして来ました。