朝から土場でコンバイン掃除

昨日の稲刈り終わりの注油で、刈り取り部から異音がしたので掃除がてら見ています。

DSC04331

かき込みのラグのチェーンが緩みきっていました

たまにギアに乗り上げて引っかかっていたんですね。
チェーン張りを締めて調整。
今シーズンの稲刈りもあと少し。頑張ってくだされHJ6123 。

DSC04330

稲刈りは最終局面です

駅そば住宅地の狭小田エリアの平均サイズは4a。
もっとも気を遣うのは、道路掃除と洗濯物です。

DSC04334

11月のこの時期は、稲刈りも凄まじいホコリが立ちます。
田んぼ隣の庭先に洗濯物を干している住宅には、インターホンを押して

「すいません。今から隣の田んぼを刈らせて貰いたいんですけど、洗濯物にホコリが付くといけないので、少しの間避難させて頂けないでしょうか」

と頼みに行きます。

DSC04335

この地域も、年々住宅が増えて来ました。
田んぼがあるから作っているだけです。手間の割に総面積は非常に少なく効率も悪い地域です。
田んぼがあるなら守るだけ。埋められて無くなりゃそれも良しです。

DSC04337

圃場の中では秒速2.06mで刈っていますが、道路を移動する時は秒速1.3mのゆっくりです。
早く走るとクローラの泥が落ちて道路が汚れるのです。

DSC04339

駅前田んぼにはゴミが多い

空き缶、ペットボトルはもちろん、ここには傘が落ちていました。
これは台風で飛ばされたのかな。
公園のそばなんかでは、よくボールが落ちています。
田んぼに落ちたくらいで諦めんなよ!
ボールは友達(死語)だろ!


DSC04340

無人駅を挟んだ線路の南側は全て刈り終えました

踏切を渡って線路の北側へ。
コンバインでの踏切待ちは、なかなかシュールです。

DSC04347

3時を過ぎて傾き始めた太陽。
太陽が低くなると稲刈りがしにくくなって嫌です。
真横からの日差しが光のコントラストを強めて、影が何も見えなくなるんです。


DSC04350

ぬぁー!なんだよココ!毎年こうだ!

田植え機で植えた後を、端までさらに2条手植えしてありました。
これはコンバインでは刈れません。
手刈りです。
手刈り分は別料金が請求出来たらいいのに!と思いますが、そういう訳にもいかないのです。

DSC04357

エリアの西から攻めていた若社長のHJ6120が、隣の圃場に入りました。
僕と若社長、それぞれが入っている圃場を刈り終わってこのエリアはクリアです。

DSC04360

明日は、点在する直播圃場の稲刈りです。
もち米以外は明日で終わるかな。