ブロッコリーの生育は快調です

徒歩通勤の道にあるこの畑は、晩生のブロッコリー『こんばんは』

早生の『ピクセル』は昨日から収穫が始まっています。

DSC04491

僕は今日も小麦田の先行耕耘。
僕が耕耘したあとを、今日から後輩が播種して行きます。

DSC04523

目標は、県道南の小麦田3.5ha。

DSC04521
DSC04526

耕耘そのものは快調ですが、上がりしなの道路が汚れます。
圃場から出る度に掃除します。
まぁ、ここは会社の地元の農村なので、住宅地ほど神経質になる必要はありませんが。

DSC04528

昼休みに会社に戻ると、ブロッコリーの調整作業が行われていました。

DSC04536

ブロッコリーは、このゲージの円よりも大きくなった物を収穫します。
ゴム板を切り抜いた雑なゲージ。8年位前に僕が作りました。

ブロッコリーは、収穫適期のサイズになった物から順次収穫するので、
キャベツや白菜のように列ごとに生育をピッタリ合わせる必要がありません。
これがとても有り難く、ブロッコリーのハードルが低い部分です。

DSC04539

卓球台がっ!

僕の卓球台がいつの間にか完全に、ブロッコリー調整台になっている!

この卓球台は、休憩時間に卓球をする為に知り合いの農家から貰った物です。
サイズ、頑丈さ、高さ、どれをとっても調整台にピッタリ!
こんちくしょう。

DSC04538

そして、ブロッコリー時期になると社長が産直で買ってきてくれるみかん。
これは我が社の福利厚生です。

DSC04541

午後の仕事再開です。
播種機を担いだセミクロTJV983に後輩が乗っています。

DSC04543

僕の耕耘の方が1日半先行しているので、播種より4.5haのアドバンテージがあります。
後輩には悪いですが、そろそろせっついて耕すのも限界。
ボチボチのペースに落とします。
DSC04549

予定通りの耕耘を終え会社への帰路へつくなか、同じく播種を終えた後輩のトラクターと合流しました。

DSC04564

この小麦播種機は、柔らかい圃場も播種出来る代わりに、取り回しが難しいそうです。
種の播種深さと、後ろの鎮圧ローラーの具合がシビア。
後輩は、自分が播種した種の深さをチェックしていました。

DSC04561

月曜の天気次第で、僕の耕耘予定も左右されます。

小麦播種は集団営農もあわせて50ha以上

まだまだ、たっぷりあります。
稲刈りから矢継ぎ早に小麦とブロッコリー。間に大豆を刈って、その後も小麦播種。
うーん。年末が遠いなぁ……