先週から中断していた隣町の営農の除草剤散布にやって来ました

農薬散布を反対する近隣住民のクレームでストップしていた場所です。
営農組合と農協を交えて話をした所
『事前に告知があれば散布しても良い』
という事で折り合いがついたそうです。
いやぁ、よかったよかった。

DSC04790

という訳で、残った2.5haの散布です。
まぁ何の事はない面積。
10時半には終わってしまいました。

「すぐ終わって良かったですねぇ」

と営農役員さんに言うと

「ホントは先週終わってたんだけどな」

と苦笑いされました。

DSC04791
DSC04798

名残り惜しさのカケラもなく撤収。
心残りがひとつ消えました。

DSC04800

午後からは大豆刈りです

今年は良い感じかと思ったら、猛暑と秋の日照りで草の勢いに負けてしまいました。
そのあと、連続の台風に倒されて散々。
大豆って一体なんなんでしょう……
米農家が片手間でやるには手間がかかり過ぎです。

DSC04806

農協の払い下げの汎用コンバインHC300。
何年前の機械でしょうか。

当たり前解説『汎用コンバイン』
収穫機コンバイン・バーベスターは、大きく分けて2種類あります。
1つはお米を刈る『自脱型コンバイン』。日本人の皆さんが普通に思い浮かべるコンバインです。
もう1つが『汎用コンバイン』。『普通コンバイン』とも言います。
このコンバインは主に、豆・麦・蕎麦を刈るのに使われます。
世界的にはコンバイン・ハーベスターと言えば、後者の汎用コンバインを差すのが一般的です。

DSC04801

コックピットは一応、いつもの稲刈りで乗っているJAPANとほとんどおんなじ。
しかしながら、貧相な足回りに隙間だらけのキャビン。
まったく天国と地獄ほどの差があります。

DSC04807

大豆の倒伏は、はっきり言ってあまり刈れません。
無理矢理すくって刈る事は出来るのですが、そうすると土を混入させてしまいます。
脱穀機やタンクで土が付着した豆は価値が下がってしまうのです。

DSC04812

30a1枚刈って、やっとグレンタンクが満タン。
やっぱりあまり良い出来じゃないなぁ。

DSC04813

この汎用コンバインのグレンタンクは、JAPANのグレンタンクよりも遥かに小さいので、後ろ窓の視界は良好。

DSC04810

しかし、両側のアブソーバーが壊れてるので、勝手に閉じて来てガンガン頭を打ちます。
ええい!ポンコツめ!

DSC04811

それでも、なんやかんやと快調に刈っているつもりでしたが、毎年恒例トラブル発生。
クローラーの前ローラーが砕けてしまいました。
前傾に荷重がかかるとクローラーがたわんでスプロケットが空回りします。
もう足回りはボロボロです。
冗談じゃねぇやい。

DSC04820

速やかに圃場を脱出。
イセキに入院中のもう1台の汎用コンバインの部品を流用する事になりました。
どちらにしても明日の大豆刈りは厳しいかもしれません。


DSC04822

大豆は全部で4〜5haだったと思います。
こうなると刈り終わるのはいつになる事やら。
このコンバインあんまり楽しくないから、早く終わらせたいんだけどなぁ。