今日から小麦田の耕耘の再開です

毎日、何だかんだと色んな機械で色んな作業。
飽きが来なくてネタにも困らなくて良いのですが、1番肝心な小麦の播種が進まない事には気が休まりません。

今日と明日で5haの面積を播種の予定。
僕が朝から耕耘し、午後からは後輩が播種を始めます。

DSC04942

この地区は、地元から南へ5キロ程の場所にあります。
全体に40〜60aの大きな圃場が並んでいますが、地元よりも湿田で乾きにくい麦田です。
播種の日にちがここまで伸びたのも、その乾きにくさが原因です。

DSC04945

耕耘して少し時間を空けると、土が乾いて播種の具合が良くなります。
その為には、播種とのタイムラグをキープし続けなくてはいけません。
明日の午前中までに5haの耕耘を終えるのが理想です。

DSC04947

堂々と圃場内に存在する電柱の支線。
こんなの1本でも作業効率は割と下がります。

DSC04950

昼に会社に戻る前に、朝に耕耘した圃場の乾き具合をチェック。

DSC04951

うーん。まぁイケるでしょ。
月曜・火曜と雨が降る予報です。どっちにしても播種するしかないのです。

DSC04952

午後からの後半戦

普段は飲まない微糖のコーヒーなんか会社から持ってきました。
どうにも甘くて駄目だなぁ。

DSC04959

鳥たちも、餌を求めてスタンバイ。
アオサギ、カラスに加えて今日はケリもいます。
春先はつがいで巣を作るケリも、この時期は5〜6匹の群れで行動します。
兄弟なのかな?とも考えましたが、ケリの産む卵は一度に1〜4個くらい。
数が合いません。

DSC04958

本日の耕耘の目標面積まであと60a。
これなら3時に少し休憩出来そうと思っていたら

サーフロータリーが壊れました!

DSC04967

ドライブシャフトが回っているのに耕耘爪が回らないのです。
ギアボックスかチェーンが壊れたようです。

DSC04962

予定がーー!予定が狂ってしまう!

イセキに修理を要請し、会社でTJV983とTJV75を入れ替えて来ました。
3時に休憩出来ると思ったのに……

しかしTJV75が担いでいるロータリーは、MXR2410。
ふつ〜のロータリーです。

DSC04970

浅く素早く耕耘するサーフロータリーなら時速4.2〜4.8kmのスピードで耕耘可能ですが、普通のロータリーでサーフに近い仕上がりを目指すなら
時速2.0〜2.5kmが精一杯。

これは全然進みません。

DSC04973

サーフロータリーと比べると半分のスピード。
(文字通り)日が暮れてしまいます。

DSC04975

予定していた耕耘を30a残して今日は終了。

DSC04976

サーフロータリーはイセキの営業所に引き取られて行きました。
直るのは来週になるそうです。
明日もこのロータリーで耕耘するしかありません。

文明の利器サーフロータリーの有り難みを噛み締めた夕暮れでした。





コメントする

名前
 
  絵文字