土曜日だけどお仕事です

小麦田の先行耕耘の続き。
残りの面積は1.4haくらいですが、サーフロータリーが故障して普通のロータリーを使っています。
お昼までに終わるかなぁ。

DSC04979

トラクターが圃場に入るのと当時に、アオサギ達も出勤して来ました。
おつかれ様です。

DSC04983

30aを耕耘するのに45分……
やっぱり時間がかかるなぁ。

DSC04989

後輩も小麦播種をスタートさせました。
播種面積は3.5haくらいあるので、1日いっぱいかかるでしょう。

DSC04987

アオサギ先輩の姿が消えたと思ったら、カラスの群れがやって来ました。

DSC04996

ゾロゾロとすごい数です。
カラスに恨みはないと言いたい所ですが、あんまり好きな鳥ではありません。

DSC04998

昔趣味で畑をしていた頃は、こいつらに散々トウモロコシを食べられて腹が立ちました。
会社の育苗ハウスのビニールの上で遊んで穴を空けるのも如何なものでしょうか。

先行耕耘はお昼までに終わりました

思った通り余裕のないスケジュール。
サーフロータリーさえ無事なら10時休憩の時間くらい作れたのに。

DSC05000

後輩もせっついて播種しています。
生来の慌て者の僕と違い、おっとりマイペースを好む後輩。
ハイペースの播種には結構なストレスを感じている筈です。

DSC05005

午後からは、僕一人で大豆刈りです

今日は休日出勤なので、人がいません。

残りの大豆は、点在する畑が4枚と転作田が90a。

DSC05016

刈り取った大豆を受ける人がいません。
畑そばの土場までトラックを運んだら、徒歩で会社に戻りコンバインを持ってきます。

DSC05009

道なき道を進む汎用コンバイン。
この奥に畑があります。



DSC05010

痩せっぽっちの砂畑。放棄地にする訳にもいかないので大豆を播いています。

DSC05013

大豆は、トラクターの播種機で播けて、汎用コンバインで収穫出来るので
取り敢えず放棄畑になるのを回避する目的でよく作られます。
しかし大豆は、機械で作付け収穫出来ると言っても、キチンと管理しようと思うと(米に比べて)手間がかかります。

また、大豆播種のあとに、雑草の発生を抑える除草剤を散布するのですが、これにも問題があります。

散布後、およそ1ヶ月以上も多くの種類の雑草を抑えてくれる大豆用除草剤。
この除草剤は雑草アサガオに効果がないのです。
他の雑草が抑えられた豆畑は、雑草アサガオの独壇場になるのです。

この畑はアサガオにやられました!


DSC05020

この様に地面を覆うアサガオが、大豆を駆逐してしまいます。
その上、とんでもない種の量。
アサガオは6月から8月までと、発芽期間が非常に長いのも厄介な所です。

DSC05022

この畑はもう大豆は作れないでしょう。
若社長に相談すると、来年からブロッコリーを作ろうと言われました。
それがいいです。
9月に耕耘・畝立てをするブロッコリーなら、アサガオが蔓延る事はないのです。

畑が刈り終わって、やっと転作田の大豆

この時点でもう3時。
今日で全ての大豆を終わらせるのはとても無理です。

DSC05025

オーガを伸ばして、そこに自分でトラックをセッティング。
これはこれで、気楽で良いです。

DSC05026

転作田の1枚を刈り終わる寸前で、詰まるトラブルが頻発。
やや青い大豆の枝が脱穀機で詰まってしまうのです。

このポンコツなコンバインの脱穀機。そこら中緩んでいます。

DSC05032

トラブルで時間をロス。
結局、転作田30a1枚しか刈れませんでした。

DSC05042

定時の5時ぴったりに、小麦播種を終えた後輩が帰ってきました。

DSC05043

「何とか終わりました」
疲れた顔で後輩が笑いました。

これで我が社の『きぬあかり』小麦の播種はすべて終わりました。

あとは、地元と隣町の営農受託の小麦と、大豆あとの『ゆめあかり』小麦。
うわっ…まだ結構あるなぁ…