やっと我が家も新米を食べられます!

8月の終わりから40haくらい稲刈りしたのに、皮肉なものです。
なかなか家の古米を食べきれなかったのです。

愛知県のお米で、僕の主食でもある『あいちのかおり』
今日はこれで鉄火巻を作ろうと思います。

一般に、新米は水分が多いので寿司には向きませんが『あいちのかおり』は粒が大きく噛みごたえのある品種で、寿司米としても使われるお米です。

DSC05045

山善の家庭用精米機

我が家は会社からお米を玄米で購入し、そのつど精米して炊きます。
特にこだわりがある訳ではないのですが、もう10年以上そうしています。

DSC05047

お米は、3年くらい前から土鍋で炊いています。
これもこだわりがある訳ではありません。安くて美味しいんです。

Amazonで3000円で買った土鍋で炊いたご飯は、30000円の炊飯器のご飯より美味しいのです。
酢飯を作るので、水は少し少な目に。

DSC05048

2合くらいなら中火で14〜15分。火を止めてそのまま15分蒸らせば炊きあがりです。

DSC05050

今回は3合。火を止める目安は、吹きこぼれてから3分後です。

DSC05051

寿司酢を混ぜて、扇ぐ扇ぐ。
寿司酢は手作りせずに出来合いの物が1番美味しいです。

DSC05053

マグロは1番安いビンチョウ!
家族4人前(大人2人・8歳・4歳)作るなら、質より量です。
100g157円って…豚肉より安い。

DSC05056

ご飯1合で細巻き4本作れます。3合なら細巻き12本。
12本分マグロを切っておきます。

DSC05058

酢飯に触れるならエンボス手袋は欠かせません。
これは100円ショップの手袋。もうちょい高いヤツが良かったです。

DSC05062

マグロは安物、寿司酢は出来合い。
海苔だけはスーパーで買える1番高い物を買います。
安い海苔はふやけるとゴムみたいになって噛み切れないのです。

高い海苔でも、子供も食べやすいように穴あけ機を通します。

DSC05059

やっと準備完了。さぁ巻くぞ〜!
僕は高校時代3年間、惣菜屋さんのバイトで巻き寿司を巻いていました。

DSC05060

シャリは、そのつどグラム数を測って使います。
細巻き1本に75g。
このように海苔に伸ばして

DSC05063

具材は真ん中に

DSC05064

巻くのみ。

DSC05065

ご飯をキッチリ測り、具材を入れ過ぎなければ、かなり均一に綺麗な細巻きが作れます。

DSC05066

あ~巻いた巻いた。
バイト時代は1本20秒で巻けたのに、今は1本巻くのに1分半かかります。

DSC05073

寿司に力を使い過ぎて、副菜はおすましとモヤシしか用意出来ませんでした。
豪華なのか質素なのか分かんない夕食。