今日は大豆刈りです!

残りの大豆は60a。
ここは、新しく切り替わる種の圃場。
愛知県西部で作られている転作大豆は『フクユタカ』
豆腐用の大豆です。
このフクユタカの新しい品種は、簡単に言うと熟すのが遅い品種です。
通常のフクユタカ大豆が収穫適期になっても、この品種は青いまま。
大豆の収穫期は、小麦の播種時期と被るので、それをズラす目的もあるようですがーーー

我が社のように大豆を刈った後の圃場に小麦を作る農家とは、すこぶる相性の悪い大豆です。
なんたって、大豆を刈らない事には小麦が播けないんですから。
その大豆を収穫する時期が遅いんじゃ、小麦の播種も遅れ込んでしまいます。


DSC05082

土曜日使っていた1号機は脱穀機の調子が悪かったので、イセキから直ってきた2号機を使います。
クローラも新品。砕けたローラーも新しくなりました。
これなら大丈夫でしょう。

DSC05087

駄目でした!

2番処理道が詰まりまくり。掃除口でパンクしてます。

DSC05089

見ると、やっぱり豆が青い!

大豆の茎が青すぎるんです!
くっそーー!これが新品種かよ!
本来なら12月に刈るくらいが丁度いいようです。でも小麦播種が控えているので待っていられません。

DSC05092 

2番のVベルトが焦げてしまいました。
こりゃ駄目だ…

DSC05094

仕方ないので、1号機と入れ替えて来ましたが、これも詰まりまくり。
1号機は脱穀機がすぐ止まってしまいます。

DSC05101

ちょうど会社にロータリーの修理に来ていたイセキの工場長に見てもらうと、脱穀機の動力の軸のベアリングが駄目になっていました。
砕けたベアリングのガタで、ベルトのテンションが逃げて脱穀機が止まってしまうようです。

IMG_20191118_210753

結局1号機は使い物にならず、2番処理道の詰まる2号機で刈ることになりました。

脱穀機や処理道の異変にすぐに気付けるように、窓を空けて刈ることにしました。
豆が脱穀される音や、ベルトの滑る臭いに留意します。

DSC05128

トラブル続きではかどらず、30a1枚を刈るのに半日かかってしまいました。

DSC05120

最後の30aを刈って、なんとか会社の大豆は終了

会社の倉庫に戻ると、1号機の燃料タンクが外されていました。
修理はベアリングの部品待ちになるそうです。

DSC05130

半日で終わる予定だった豆刈りに、午後2時過ぎまでかかるていたらく。
残りの時間で、大豆あとの溝掘りをします。

DSC05134

ポツポツと小雨が降ってきました。
予報では、雨は夜からだった筈。豆刈りがもう少し遅れ込んでいたら危ない所でした。


DSC05138

4時半で、残りの溝掘りも完了。

DSC05142

新品種の青い豆に苦しめられた1日でした。
無条件に良く乾く圃場を持っていれば、大豆→米→小麦→大豆と回せるそうです。
それならば、新品種の大豆がしっかり色づくまで待つ事も出切るでしょう。
湿田ばかりの我が社の圃場ではそんな事が出来ません。
100人の農家に、100人の事情があります。

国や県や農協が示す道は、そんな中でもマジョリティの為のもの。
少数派の事情は汲んでくれません。

それでも、会社が決めた道を突き進むのが僕の仕事です。