出勤すると、若社長が暗い顔

分かっています。天気予報が変わったんです。
金曜日に突然雨の予報が付きました。

小麦の播種の為に耕耘した麦田は、播種前に雨が降るとグチャグチャになってしまい、当分播種が出来なくなります。

僕は昨日までで、金曜日に播種する分まで耕耘してしまいました。

若社長
「播種してない圃場、どれだけある?」

「4.5haありますね」

若社長
「1日に播種、どれだけ出来るっけ?」

「3.2haくらいですね。1.3haは播種前に雨に濡れますね」

若社長
「…うーん」


取り敢えず僕は、大豆あとの溝掘り

後輩の、播種機を担いだセミクロTJV983が走って行くのが見えました。
雨が降るまで精一杯に小麦播種をするようです。

DSC05235

まぁ、ここらへんの田んぼはほとんど掘り直す必要もない圃場です。

DSC05241

アサガオの多い場所では、ドリルにまでツルが巻き付いてしまいました。
やっぱり禄な草じゃないです。

DSC05262

午後からは畦塗りの準備です。
TJ85の中耕倍土を外して、ヒッチを付けます。

DSC05266

重たいなこんちくしょう!

誰か…誰かいないのか…!?いない…

DSC05265

何とかヒッチを取り付けて、畦塗り機を担ぎます。

DSC05272

通常は春先に畦塗りをする農家が多いですが、我が社は年内から畦塗りをしてしまいます

ほとんどの田んぼが湿田なので、乾いているうちに畦塗りを済ませておかなくてはいけないのです。
また、一度耕耘した圃場は轍が付いて畦際まで寄れなくなります。

DSC05289

さて、慣らし運転がてら畦塗り。
もう3800時間のTJ85は、久しぶりに乗っても良く言う事を聞いてくれます。

DSC05291

麦田の隣の畦は念入りに塗っておきます。
溝との高低差で、畦が決壊しやすいのです。


DSC05293

1枚1本と塗るごとに勘を取り戻します。
うんうん、それなりの仕上がり。
すぐにモグラが穴を空けてくれますけど……

DSC05296

地域全体に見て僕ら平野の大規模稲作は、中山間地のコメ農家よりも畦を大切に思っていない傾向が伺えます。

愛知県西部はほとんどの田んぼを大規模稲作農家が管理していて、畦畔の除草は、特別栽培米以外はほぼ除草剤散布です。
除草剤はてきめんに畦畔を溶かし、土手に穴を空けます。
しかしながら、膨大な面積を抱える大規模農家が畦畔除草剤に頼らずに稲作を行うのは不可能なのです。

DSC05300

ここ数年は猛暑や水枯れでお米の収量がふるいません。

畦畔からの水漏れで、水稲除草剤散布も失敗続き。

水管理が、畦が大事なのは分かっているのに、稲に注力する時間が決定的に足りてないのを実感しています。

転作小麦も大事、野菜も大切。
でも、米!米が穫れない事には本末転倒です!
あぁどうしたら良いんだろ。