生き物

蓮根の町の迷いカニ

雨上がりの曇天でも、晴れは晴れ

今日は畦畔の除草剤散布です。

DSC01695

雨露に濡れた稲と草。
濡れた草には除草剤の効き目が薄いので、濃い目に希釈してあります。
こういった土手は、田んぼの中を歩いて土手側を散布します。
100m1本を散布するだけで作業ズボンがずぶ濡れです。

DSC01696

ここ、愛西市塩田はレンコンの産地

奥の堤防の向こうは一級河川の木曽川があります。
田んぼのお客さんもほとんどがレンコン農家です。
農免道路沿いには、『レンコン街道』と登りが立っていました。

地元民とトラックしか通らない農免道路で、一体誰にアピールしているのでしょうか?

DSC01711

後輩2人が、道路の隅で何かを見付けたようでした。

「タケウチさん、カニがいるよ!」

ブラジル人の後輩がそう言いました。

DSC01718

あら、珍しい!
川そばでも、田んぼの隅でカニを見付けたのは初めてです。
昨日の大雨で川から流れて来たのかも知れません。

DSC01721

なんて言うカニだろう?と色々調べていると、ツイッターのフォロワーさんの一人がクロベンケイガニに似てると教えてくれました。
珍しかったので、会社に連れて帰る事にしました。

DSC01727

午前の分の200リットル作った除草剤を使い切ったので、少し余った時間で水落とし。

DSC01732

会社に戻ると、よく洗った農薬容器にカニを放ちました。

「見てください、社長、若!カニを捕まえたんですよ!」


DSC01733

テンション高く社長達にカニを見せましたが、芳しくないリアクション。

社長
「なんや、わざわざ持って帰って来たんか」

若社長
「堤防の向こうにはいっぱいいるよ」

DSC01737

マジかよ!インドア派だから知らなかった!

そう言えば若社長は釣りが好きでした。

倉庫に放置するとこのお方にイタズラされそうなので、昼休みに家に持ち帰りました。

DSC01747

午後からは大して晴れもしないのに日差しが出て、強烈な蒸し暑さ

連日の雨の涼しさに慣れた体が悲鳴をあげます。

DSC01748

次第に青空も戻って来ました。
しかし、相変わらずの蒸し暑さに爽やかはゼロです。

DSC01754

我が社の30a田が4枚並ぶ場所の農道が、隣の畑の木で通れなくなっていました。
前々から邪魔な木でしたが、ここまで枝が出ては困り物。
これではトラックとトラクターもコンバインも通れません。

DSC01762

田んぼや畑には、境界に杭代わりに木を植える人が一定数います。
この畑の柿の木も、そんな役割だったのかも知れません。

ちょうど畑に草引きをしている年配女性がいたので、張り出した枝を払う許可を貰いました。
準備をして、明日にでも行います。

DSC01764

最後に除草剤散布に向かった田んぼで、顔なじみのお婆ちゃんに遭遇しました。
「大将(社長)は元気にしとるの?最近見ぃせんがね」

「元気にしてますよ。何ぞ忙しいんですわ」

DSC01767

喋り出すと止まらないお婆ちゃんトーク。
後輩達に目配せをし、
(ここは俺が引きつける!早く散布するんだ!)
と散布に向かわせました。

結局、最後まで蒸し暑い天気でした。
真夏より、むしろ残暑の方が長く体にこたえるのが不思議です。
明日はもう雨。
進まない予定に乾かない圃場。 
今年は異常気象ーーーって?去年もそう言った覚えがあります。


イノック・アーデンの孤独

久々の土曜日出勤

月曜からの盆休みの調整の為です。
今日もジアスで地元の麦田の溝掘り。

DSC00734

整備してもらった溝掘り機の調子も段々と掴めて来ました。

DSC00735

ちょっと枯れ草が巻き付くなぁ〜!
草の枯れがまだ甘いようです。

DSC00736

今日も猛暑日です。10時の段階ですでに34℃

少し歩いて、コンビニ跡の野菜直売所にある自販機を目指します。
仕事するにはもったいないような青空。

DSC00746

田んぼ横の蓮根田には、大きな蓮の葉が茂っています。
日傘になりそうな立派な葉。蓮根田の葉の影は涼しそうです。

DSC00747

僕もこの仕事に就くまでは

「水の張った田んぼって涼しそう」

と漠然と思っていました。

実際に入ってみると、湿気と照り返しで猛烈に暑く、まったくサウナそのものです。

DSC00754


昼に会社に戻ると、後輩達がブロッコリー用のセルに土を詰めていました

DSC00762

盆休み明けに、ブロッコリーの種まきがあります。
種まきでは、午前中のうちに全ての作業を終えてハウスに並べなければいけません。
その為に床土をあらかじめ詰めておくのです。

DSC00760

午後からの溝掘りに出掛けると、用水のフェンスに大量のアマサギが待機していました。
なかなか壮観です。

DSC00780
DSC00772

アマサギが
「はよう溝を掘れ。餌をよこせ」と言っているよう。


DSC00798

トラクターの中ではラジオを聴いています、
今日は土曜日なので、ラジオ番組が平日と異なります。
TBSラジオの『ラジオシアター〜文学の扉〜』
という番組が流れました。
初めて聴く番組でしたが、どうやら様々な文学作品を朗読してくれる番組のようでした。

今週の物語はイギリスの物語誌『イノック・アーデン』でした


船乗りのイノックは、親友のフィリップと共に幼馴染のアニーに想いを寄せていました。
後に、イノックはアニーと結ばれ子供にも恵まれます。
イノックは家族を養う為に長い航海に出掛けますが、船は難破。
無人島に流れ着いた彼は、13年後にようやくアニー達家族のもとへ帰って来ます。

しかし、イノックを待っていたのは、彼が海で死んだと諦めてフィリップと再婚したアニーと、フィリップを本当の父のように慕う子供達でした。

イノックは、影から自分の家族をひっそりと見守りながら、やがて病に伏して孤独に一生を終えます。

何ですかこの話……。あんまりなんですけど!

トラクターの中で少し鬱になりました。

DSC00796

昨日から強い風が吹いています。
台風がゆっくりと近づいているようです。

盆前にブロッコリー用の育苗ハウスのビニールを張る予定でしたが、完全に狂ってしまいました。
来週の事を言っただけで鬼が笑いそうな気候。
精一杯備えたら、あとは出たとこ勝負です。




ポジションレバー・シンドローム

九州を襲う台風の余波なのか

遠く離れた愛知県西部も、ザワつくような風が吹きます。

DSC00531

麦田の溝掘り2日目。かなり難しい作業です

既存の溝、ギリギリまで寄って掘り直す必要があるのですが、寄り過ぎると溝を崩したり落ちたりします。
また掘っている最中は、右後ろが引っ張られている状態なので前輪がどんどん溝方向に落ちて行きます。

とにかく経験を積んで上達するより他ありません。

DSC00542

ちょっと、カメラで撮影をしてみる事にしました。
自分の作業を撮影するのは、オペレーション上達にとても有効です。
何故なら、基本的に農機オペレーションと言うのは上手くても直接収量と関係ないので、美意識を維持し続けるのが困難なのです。
人に見せる前提で撮影をすると、集中力が極限まで高まって上達します。

DSC00543

と言う訳で撮影をしてみるとーー

溝掘り機が過ぎた跡を

Screenshot_20190806-205625

大量のサギが追いかけてきます。

IMG_20190806_205649

駄目だ…サギしか入ってこない…。こりゃサギの動画だわ


そもそもアマサギ(頭が茶色いサギの1種)は群れで行動しますが、溝掘りには耕耘作業の3倍くらいの数が集まります。

DSC00577
DSC00538

大量のサギが集まるのは、溝掘りは餌が豊富に得られるからです。
特に水の通った明渠には、蛙・小魚を始めとした、亀・小虫等様々な生き物が潜んでいます。
その溝をトラクターが轟音を立てて掘り返すので、びっくりして一斉に逃げていくのです。
サギからしたら、潜んでいる獲物を捕らえるよりも、逃げていく獲物を捕らえる方が遥かに簡単なのです。

DSC00548

しかし、このジアス。なかなか僕に馴染んで来ません
僕らプロオペレーターは、どんなトラクターでも『普通』に乗れますが、『普通』じゃ足りないんです。
手足みたいに動かせないといけません。
DSC00533

機械式のギアは、まぁ慣れて来ましたが

(副変速が2つあるのは意味不明)
DSC00563

どうにもポジションレバーの座りが悪いのです。

DSC00575
当たり前解説
ポジションレバーとは、トラクターの後ろに取り付けた作業機を上下させるレバーです。

我が社では、トラクターのポジションは全て手動で操作します。
自動耕深は一切使いません。
何故かというと、そもそも基本車速が速過ぎて自動耕深が追い付かないからです。
右手は常にポジションレバーに添えて、レバーを数ミリ単位で操作しています。

だからポジションレバーの座りが悪いと、酷く肩が凝ります

DSC00572

12年前トラクターに乗り始めたばかりの頃は、ポジションレバーに力を込め過ぎて右手の小指が変形しました。

僕がこのジアスにまともに乗り出したのは昨日からで、まだ10時間目くらい。
機械と心を通わせるには、最低でも50時間は必要です。
気長に行こうか。

最後に溝掘り機を簡単に掃除して

DSC00560

汚れた窓を高圧洗浄で洗って今日は終了です。

DSC00561

久々に上達しがいのある難しい作業。
若社長が一生懸命助言をしてくれます。

少し待ってて若社長。必ず期待に応えます。








スポーツドリンク闇鍋宣言

今日も麦田の除草剤です

昨日に続いて、朝から暑っいです。
今日は会社周りから南下して、稲田に混じった圃場です。

DSC00059

風で除草剤が飛散すると危険なので、
風がない朝のうちに、隣が稲田の圃場を優先して散布していきます。
グリホサート系統の除草剤は、霧のほんの飛沫が稲の葉にかかるだけで、稲が焼けてしまいます。
自社の稲田の隣はギリギリまで散布しますが、他所の田んぼ隣はかなり距離を空けて散布します。
枯れ残った草は、人力の散布で枯らすのが安全です。

DSC00062
DSC00069

大抵風がないのは朝の10時までで、それからゆっくり風が強くなるのがこの時期のこの地域です。

なのに、今日もまったくの無風!

除草剤散布は捗るけど、暑い!

今日の名古屋は最高気温36℃!
午前中でも34℃くらいあります。
口を開けば「暑い」しか出てきません!

DSC00075

頻繁に水路で足を冷却冷却

はぁ〜…もう水路で泳ぎたい気分です。
気持ち濁った水路の水は、先週の土曜日の大雨の名残り。
相当量の雨が降った証です。

DSC00073

会社では、ブロッコリー用のセルポットの消毒が行われていました

ブロッコリーの種まきは盆休み明けです。
消毒したセルに培土を詰めておきます。

DSC00084

嘘だろ!?もう、そんな時期になったのか…

ついこの間、田植えが終わったばかりだと思ったのに。

この地域で、本格的に稲刈りが始まるのは9月の後半です。
その前に、ブロッコリーの種まきと定植があります。
ブロッコリー作業は、稲刈りの農繁期前の最後の大仕事です。

昨日の暑さに懲りたので、今日はお手製のスポーツドリンクを作って来ました

水0.8リットルに、ブドウ糖40gクエン酸1g塩1g。
それに100%ジュースを足します。
朝にオレンジジュースを入れました。
昼に減った分をアップルジュースで補填します。

DSC00091
DSC00095

現場へ向かう途中の自販機で、ソルティライチも買って投入。
こんな気温です。
冷たけりゃ何でも美味しい。

DSC00093

更に暑くなった午後

36℃になりました。ありがとうございます。
今日の目標まで、散布する麦田はあと4枚。

DSC00101

今日は余裕だなーと思っていたら、思わぬ所でスタックしました!


DSC00105

ぬかるんだ明渠が深く、前輪が抜けなくなりました。
200m隣の圃場にいる後輩に、助けを求めて電話をしました。

DSC00114

『…こちらは、ソフトバンクです』


ダメだ!繋がらない!スプレイヤはうるさ過ぎて着信に気付いてくれない!

結局、両手を振りながら後輩の方向に歩いて行くと、途中で気付いてくれました。

DSC00109

後ろからワイヤーで引っ張ってもらって、すぐに脱出できました。
先週から2回目のスタック。
何やら気持ちが緩んでるのかなぁ。

DSC00112

そのあと後輩と最後の圃場を終えて、麦田の除草剤散布は一区切りになりました。

DSC00117
DSC00120

昼にゴチャゴチャに混ぜたスポーツドリンクは、いつの間にか飲みきっていました。
訳の分からない味でも、美味しかった気がします。

DSC00126

梅雨明けからの有無も言わせぬ猛暑に、折れそうな心に。
夕方にやっと風が出てきました。
明日もこんな陽気かな。
慣れるしかないか。










桃色片思い

雨上がりの薄曇り

今日は、隣町の集団営農の水稲除草剤散布です。

DSC09496

ここもいわゆる、街中の田んぼです。
街の田んぼにしては、まとまった面積の大きい圃場の多く残った地域。
我が社の最大のお得意様でもあります。

IMG_20190723_205101

今日は、ブームスプレイヤ3台で来ています。
後輩たちに大きい圃場は任せて、僕は住宅地に点在する圃場の除草剤散布です。

DSC09500
DSC09499
DSC09505

さて、困ったのが出入り口に大量のオモダカが生えたこの圃場

DSC09506

この圃場、ハマるんです
これは一昨年の写真。スタックしてるのは旧相棒であるTJV75。

P_20171212_091802

海抜が低い地域の、住宅に囲まれた変形田。
基本的に住宅が隣にある田んぼは、日照が悪いので乾きません。
更にここは、パイプラインから水が染みるうえに排水はおざなりです。

IMG_20190723_210449

この圃場は、何年も僕が荒らさないように耕耘・代かき・稲刈りと行って来ました

それでも、乾かない田んぼは現状維持が精一杯なのです。

ここはブームスプレイヤで入ると、スタックして大変な事になるのは確実です。
営農会長に、この圃場を機械散布は無理だと説明します。

「会長、この田んぼは機械では入れません。トラクターやコンバインでギリギリな位だから、スプレイヤじゃ絶対にスタックしてしまいます」

会長
「えー、なんとか散布出来ない?テクニックでさぁ」

「テクで挑んで、ハマったら取り返しが付かないですよぉ」

お世話になっている営農会長の頼みでも、危険な事はしっかり断ります。
それも、オペレーターのテクニックのうちです。

DSC09511

結局、道路側からブームを伸ばして届く範囲のみの散布で納得してもらいました。
まぁ草が多く残っても、稲刈りするのも僕なんで僕が苦労するだけです。

DSC09515

面積の割に手こずりましたが、営農の水稲除草剤散布は半日で終了しました。

のんびりしている暇はありません。
草の生育に待った無しです。

午後からは会社の管理している田んぼの除草剤散布です


DSC09520

会社から更に北へ8km。
ここの街中の田んぼです。午前中の営農の地域より、かなり狭くてゴチャゴチャしています。

IMG_20190723_213100

集団営農が残っている地域は、まだまだ田んぼに対する意識が高い地域です。
それに比べてここは、もう半ば見捨てられた地域と言えます。

DSC09532

ここに来て驚いたのが、今年のジャンボタニシの被害です

DSC09549

ちっくしょー!こんなに食い荒らして!

コンクリートに囲まれて、水が深く滞るような田んぼは、ジャンボタニシの恰好の餌食になります。
コンクリート作盤には、嫌〜な桃色の卵がびっしり。

DSC09557

学術に基づいていない体感なので確かな事は言えませんが、数年に一度は必ずこういったジャンボタニシの当たり年があります。

DSC09550

対処方法としては、ジャンボタニシ用の毒餌殺虫剤か、手で捕獲するかです。
この地域ではそこまでしている人はいません。

水が干上がって草だらけの田んぼもあれば、深水でジャンボタニシに食べられる田んぼもあります。
皮肉な事に、ジャンボタニシの生息している田んぼは草も少ないです。

DSC09576

午後からの半日で、1.8ha程の除草剤散布が出来ました

明日中にこの地域を終わらせて、更に住宅地に進出していきます。
そろそろ梅雨明け発表かな。

気が付けば、夏の真っ只中です。


















プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』