野鳥

イノック・アーデンの孤独

久々の土曜日出勤

月曜からの盆休みの調整の為です。
今日もジアスで地元の麦田の溝掘り。

DSC00734

整備してもらった溝掘り機の調子も段々と掴めて来ました。

DSC00735

ちょっと枯れ草が巻き付くなぁ〜!
草の枯れがまだ甘いようです。

DSC00736

今日も猛暑日です。10時の段階ですでに34℃

少し歩いて、コンビニ跡の野菜直売所にある自販機を目指します。
仕事するにはもったいないような青空。

DSC00746

田んぼ横の蓮根田には、大きな蓮の葉が茂っています。
日傘になりそうな立派な葉。蓮根田の葉の影は涼しそうです。

DSC00747

僕もこの仕事に就くまでは

「水の張った田んぼって涼しそう」

と漠然と思っていました。

実際に入ってみると、湿気と照り返しで猛烈に暑く、まったくサウナそのものです。

DSC00754


昼に会社に戻ると、後輩達がブロッコリー用のセルに土を詰めていました

DSC00762

盆休み明けに、ブロッコリーの種まきがあります。
種まきでは、午前中のうちに全ての作業を終えてハウスに並べなければいけません。
その為に床土をあらかじめ詰めておくのです。

DSC00760

午後からの溝掘りに出掛けると、用水のフェンスに大量のアマサギが待機していました。
なかなか壮観です。

DSC00780
DSC00772

アマサギが
「はよう溝を掘れ。餌をよこせ」と言っているよう。


DSC00798

トラクターの中ではラジオを聴いています、
今日は土曜日なので、ラジオ番組が平日と異なります。
TBSラジオの『ラジオシアター〜文学の扉〜』
という番組が流れました。
初めて聴く番組でしたが、どうやら様々な文学作品を朗読してくれる番組のようでした。

今週の物語はイギリスの物語誌『イノック・アーデン』でした


船乗りのイノックは、親友のフィリップと共に幼馴染のアニーに想いを寄せていました。
後に、イノックはアニーと結ばれ子供にも恵まれます。
イノックは家族を養う為に長い航海に出掛けますが、船は難破。
無人島に流れ着いた彼は、13年後にようやくアニー達家族のもとへ帰って来ます。

しかし、イノックを待っていたのは、彼が海で死んだと諦めてフィリップと再婚したアニーと、フィリップを本当の父のように慕う子供達でした。

イノックは、影から自分の家族をひっそりと見守りながら、やがて病に伏して孤独に一生を終えます。

何ですかこの話……。あんまりなんですけど!

トラクターの中で少し鬱になりました。

DSC00796

昨日から強い風が吹いています。
台風がゆっくりと近づいているようです。

盆前にブロッコリー用の育苗ハウスのビニールを張る予定でしたが、完全に狂ってしまいました。
来週の事を言っただけで鬼が笑いそうな気候。
精一杯備えたら、あとは出たとこ勝負です。




ポジションレバー・シンドローム

九州を襲う台風の余波なのか

遠く離れた愛知県西部も、ザワつくような風が吹きます。

DSC00531

麦田の溝掘り2日目。かなり難しい作業です

既存の溝、ギリギリまで寄って掘り直す必要があるのですが、寄り過ぎると溝を崩したり落ちたりします。
また掘っている最中は、右後ろが引っ張られている状態なので前輪がどんどん溝方向に落ちて行きます。

とにかく経験を積んで上達するより他ありません。

DSC00542

ちょっと、カメラで撮影をしてみる事にしました。
自分の作業を撮影するのは、オペレーション上達にとても有効です。
何故なら、基本的に農機オペレーションと言うのは上手くても直接収量と関係ないので、美意識を維持し続けるのが困難なのです。
人に見せる前提で撮影をすると、集中力が極限まで高まって上達します。

DSC00543

と言う訳で撮影をしてみるとーー

溝掘り機が過ぎた跡を

Screenshot_20190806-205625

大量のサギが追いかけてきます。

IMG_20190806_205649

駄目だ…サギしか入ってこない…。こりゃサギの動画だわ


そもそもアマサギ(頭が茶色いサギの1種)は群れで行動しますが、溝掘りには耕耘作業の3倍くらいの数が集まります。

DSC00577
DSC00538

大量のサギが集まるのは、溝掘りは餌が豊富に得られるからです。
特に水の通った明渠には、蛙・小魚を始めとした、亀・小虫等様々な生き物が潜んでいます。
その溝をトラクターが轟音を立てて掘り返すので、びっくりして一斉に逃げていくのです。
サギからしたら、潜んでいる獲物を捕らえるよりも、逃げていく獲物を捕らえる方が遥かに簡単なのです。

DSC00548

しかし、このジアス。なかなか僕に馴染んで来ません
僕らプロオペレーターは、どんなトラクターでも『普通』に乗れますが、『普通』じゃ足りないんです。
手足みたいに動かせないといけません。
DSC00533

機械式のギアは、まぁ慣れて来ましたが

(副変速が2つあるのは意味不明)
DSC00563

どうにもポジションレバーの座りが悪いのです。

DSC00575
当たり前解説
ポジションレバーとは、トラクターの後ろに取り付けた作業機を上下させるレバーです。

我が社では、トラクターのポジションは全て手動で操作します。
自動耕深は一切使いません。
何故かというと、そもそも基本車速が速過ぎて自動耕深が追い付かないからです。
右手は常にポジションレバーに添えて、レバーを数ミリ単位で操作しています。

だからポジションレバーの座りが悪いと、酷く肩が凝ります

DSC00572

12年前トラクターに乗り始めたばかりの頃は、ポジションレバーに力を込め過ぎて右手の小指が変形しました。

僕がこのジアスにまともに乗り出したのは昨日からで、まだ10時間目くらい。
機械と心を通わせるには、最低でも50時間は必要です。
気長に行こうか。

最後に溝掘り機を簡単に掃除して

DSC00560

汚れた窓を高圧洗浄で洗って今日は終了です。

DSC00561

久々に上達しがいのある難しい作業。
若社長が一生懸命助言をしてくれます。

少し待ってて若社長。必ず期待に応えます。








スポーツドリンク闇鍋宣言

今日も麦田の除草剤です

昨日に続いて、朝から暑っいです。
今日は会社周りから南下して、稲田に混じった圃場です。

DSC00059

風で除草剤が飛散すると危険なので、
風がない朝のうちに、隣が稲田の圃場を優先して散布していきます。
グリホサート系統の除草剤は、霧のほんの飛沫が稲の葉にかかるだけで、稲が焼けてしまいます。
自社の稲田の隣はギリギリまで散布しますが、他所の田んぼ隣はかなり距離を空けて散布します。
枯れ残った草は、人力の散布で枯らすのが安全です。

DSC00062
DSC00069

大抵風がないのは朝の10時までで、それからゆっくり風が強くなるのがこの時期のこの地域です。

なのに、今日もまったくの無風!

除草剤散布は捗るけど、暑い!

今日の名古屋は最高気温36℃!
午前中でも34℃くらいあります。
口を開けば「暑い」しか出てきません!

DSC00075

頻繁に水路で足を冷却冷却

はぁ〜…もう水路で泳ぎたい気分です。
気持ち濁った水路の水は、先週の土曜日の大雨の名残り。
相当量の雨が降った証です。

DSC00073

会社では、ブロッコリー用のセルポットの消毒が行われていました

ブロッコリーの種まきは盆休み明けです。
消毒したセルに培土を詰めておきます。

DSC00084

嘘だろ!?もう、そんな時期になったのか…

ついこの間、田植えが終わったばかりだと思ったのに。

この地域で、本格的に稲刈りが始まるのは9月の後半です。
その前に、ブロッコリーの種まきと定植があります。
ブロッコリー作業は、稲刈りの農繁期前の最後の大仕事です。

昨日の暑さに懲りたので、今日はお手製のスポーツドリンクを作って来ました

水0.8リットルに、ブドウ糖40gクエン酸1g塩1g。
それに100%ジュースを足します。
朝にオレンジジュースを入れました。
昼に減った分をアップルジュースで補填します。

DSC00091
DSC00095

現場へ向かう途中の自販機で、ソルティライチも買って投入。
こんな気温です。
冷たけりゃ何でも美味しい。

DSC00093

更に暑くなった午後

36℃になりました。ありがとうございます。
今日の目標まで、散布する麦田はあと4枚。

DSC00101

今日は余裕だなーと思っていたら、思わぬ所でスタックしました!


DSC00105

ぬかるんだ明渠が深く、前輪が抜けなくなりました。
200m隣の圃場にいる後輩に、助けを求めて電話をしました。

DSC00114

『…こちらは、ソフトバンクです』


ダメだ!繋がらない!スプレイヤはうるさ過ぎて着信に気付いてくれない!

結局、両手を振りながら後輩の方向に歩いて行くと、途中で気付いてくれました。

DSC00109

後ろからワイヤーで引っ張ってもらって、すぐに脱出できました。
先週から2回目のスタック。
何やら気持ちが緩んでるのかなぁ。

DSC00112

そのあと後輩と最後の圃場を終えて、麦田の除草剤散布は一区切りになりました。

DSC00117
DSC00120

昼にゴチャゴチャに混ぜたスポーツドリンクは、いつの間にか飲みきっていました。
訳の分からない味でも、美味しかった気がします。

DSC00126

梅雨明けからの有無も言わせぬ猛暑に、折れそうな心に。
夕方にやっと風が出てきました。
明日もこんな陽気かな。
慣れるしかないか。










土砂降りツバメ注意報

小雨降る中、今日もスライドモアでカボチャ畑の片付けです

乗れば乗るほど不満が募るのがこのトラクター。

DSC09159

どうも普段快適な農機に乗っているせいで、こういう大味な機械は疲れます。
なかなか良いトラクターなのですが、かゆい所に手が届かない。

DSC09161

後ろの作業機を上下する『ポジション』が、レバーではなくダイアルなのは慣れるとしても、場所が非常に悪いです。
ダイアルの場所が後ろ過ぎて、シートの角が二の腕を圧迫します。

DSC09166

前進後退の操作レバーも固定位置です。
後退にレバーを倒すと左腕が酷く窮屈。

DSC09194

段々と雨足が強くなって来ました。



DSC09169

ワイパーを回そう。ワイパーのスイッチはどこだ?ここだな。

DSC09162

ワイパーちっさ!


DSC09163

農業機械のワイパーは、意味を成さない残念な物が多い物です。
コンバインのワイパーなんて、上に軸が付いているから肝心な場所がまったく綺麗になりません。

まぁ、ワイパーが必要な稲刈りなんてありえないですけど。
ガラスのホコリを払うくらいですよね。

DSC06575

雨で畑がぬかるんでしまいました

正直、濡れた畑に機械で入るものではありません。
しかしこの時期は、晴れた日は田んぼの除草に忙しいのでこのタイミングしかないのです。

なるべく圃場を荒らさないように、旋回を最小限にして刈り進めます。

DSC09187

流石にモロオカのゴムクローラ。圃場をほとんど傷めません。

DSC09179

午後3時に、ようやく最後のカボチャ畑まで辿り着きました

30aの大きい畑です。僕らの使う100馬力帯のトラクターなら、30aの水田は大きいサイズではないのですが、畑の30aは結構大きいです。
定時までに終わるかしら。

DSC09195

一昨日も行ったカボチャ畑潰し。
動画に収めたものを昨日確認すると、黒いノイズが大量に映っていました。
一体なんだろうと確認すると、無数のツバメです。

DSC09201

トラクターのロータリー作業にサギやアオサギ、カラス等が集まるのは良く目にしていました。
しかし、カボチャ畑潰しにツバメが集まるのは始めて知りました。

彼らの目当ては、モア(草刈り機)に追われて飛びたつ細かい虫のようです。
僕らは普段はモアを使わないので驚きました。

DSC09213

時間がないので横着をして、外周から内周へグルグル刈っていきます。

DSC09199

なんとか定時までに終わりました。

畝をまたいで刈ったから仕上がりが悪いです!

畝にそって刈っていたら終わらなかったのでセーフです。

DSC09209
DSC09214

とりあえず、令和元年のカボチャは終了しました(僕はあんまり関わってません)

カボチャあとの畑は、9月にブロッコリーを作ります。
それまで畑作とは少しのお別れ。
田んぼの管理と、大豆の除草、麦あとも草管理しないと。
草、草、草。
農家って作物に関わってる時間より、草と戦ってる時間の方が長い気がします。























鳥撮りオペレーション

会社から半径10キロ圏内とはいえ、様々な地域をまたいで稲作作業をする僕の仕事は、農業者の中では行動範囲が広い方です。それでも

代わり映えしない毎日です

田んぼ、田んぼ、田んぼ、畑、田んぼ、畑、田んぼ
そんな中では、鳥を観察するのが1番の楽しみです。

トラクターは騒音を轟かせるものの、キャビン内の人間の気配を完全に消すので、かなり間近で野鳥の姿を撮ることが出来ます。

今回は去年の秋からトラクター作業で撮り貯めた鳥を一部紹介します。

『田んぼの鳥』の代表格といえば

アオサギでしょうか

DSC00171

蛙やドジョウ、オタマジャクシ等が好物で、年中田んぼにいます。

DSC00664

恐竜を思わせる動きと野生的なフォルムが好きです。

白鷺

白鷺ってのは白いサギ全般を指す俗称で、これは嘴が黒いからコサギかな。

DSC05108

田んぼで足を広げすぎて身動きが取れなくなった白鷺。

DSC04507

次はアマサギ

泥を首を突っ込んで汚れているのではなく、こういう色です。
『北斗の拳』のザコキャラに居そうな髪型です。

DSC04639
DSC04837

ゴイサギ

首が短いけど、サギの仲間です。ペンギンみたいで好きです。
グェグェ鳴きます。

DSC06496
DSC05714

ケリ

春先の田んぼの中に巣を作る水鳥です。
巣に近づくと「ケリー!ケリー!」と鳴きながら襲ってきます。

DSC02624
DSC01927

タゲリ

冠がオシャレな水鳥です。警戒心が強く、あまり近づかせて貰えないので情報が少ないです。

DSC01407

タシギ

長い嘴の小鳥は大体シギの仲間。
ワンピースのキャラの『たしぎ』は、この鳥の名前から取られている筈。

DSC01007

タマシギ

ユーモラスなルックス。威嚇する時は丸く翼を広げて体を大きく見せます。
愛知西で見るのは結構レア。夫婦で行動します。

DSC05812

百舌鳥

『はやにえ』を作る事から、おっかない鳥と思われがちですが、意外と可愛らしい小鳥です。

DSC00882

ノスリ

中型の猛禽です。カラス2匹にも追い払われるハト派な鷹。

DSC00316

チョウゲンボウ

ハヤブサの仲間です。ノスリよりも小柄ですが、こっちはカラスにもガンガン当たっていくタカ派。
飛ぶスピードはそんなに早くないです。ただホバリング出来ます。

DSC00340

ハクセキレイ

冬のトラクターのオトモと言えば、サギかセキレイ

DSC00709

セグロセキレイ

よく見るとハクセキレイの群れに混じってこいつもいます。

DSC00625

ツグミ

「名前は知ってるけど姿は知らない鳥」ナンバーワン!
こんな鳥です。

DSC01742

うーむ、載せきれない。
僕は鳥が好きでも、鳥の写真って意外と需要がないんですよね。
ツイッターでも、よっぽと珍しい鳥じゃないとウケません。

ブログを1ページに収めるには、画像は20枚まで。
続きはまたの機会にします。







プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • ゲームラックをあつらえろ
  • ゲームラックをあつらえろ
  • ゲームラックをあつらえろ
  • ゲームラックをあつらえろ
  • ゲームラックをあつらえろ
  • ゲームラックをあつらえろ