野草

君の名は

小麦田の除草剤散布2日目です


なんとも嫌〜な空。天気予報には午後から傘マークが付いています。
ラウンドアップは吸着が早く、散布の1時間後くらいなら雨が降っても枯れてくれます。

DSC03285

今の所は空を覆う雲は薄めです。
西に岐阜県の山、多度山が見えます。
多度山の形がはっきりと分かるうちは、まだ雨は大丈夫です。

DSC03289

農道に乗用車が入って来ました

何かと思いきや、いつも稲刈りで籾運びをしてくれているお爺ちゃんが差し入れを持って来てくれたのです。
接骨院の帰りに通りかかったら、僕らがいたのでUターンして来たそうです。

DSC03290

ありがてぇありがてぇ。
BIGサイズのBOSSブラック。僕の好物です。

DSC03291

会社の近場の散布を終えて、数キロ南へ向かいます

朝から後輩が1台で除草剤散布をしています。
タイヤが細くクッションも悪いブームスプレイヤで長距離を自走するのは辛いです。
具体的に言うとお尻が痛くなります。

DSC03294

昼休みには社長が

「まぁ雨が降るぞ!急がないかん」

と急かして来ました。楽観的な社長が珍しい。
今日で除草剤散布が終わらないのも面倒なので少し急ぎます。

DSC03296

どういう訳か、麦田のド真ん中にスイカが生えていました

DSC03303

小さい実もいくつか付いています。
こんな真ん中で、どこから種が紛れ込んだのか?

DSC03304

この地区を先に散布していた後輩と合流して、最終の打ち合わせ。
希釈した農薬は使い切りが原則。
最終でタンク内の除草剤が空になるように散布しなくてはいけないのです。


DSC03307

最後の圃場で、見慣れない草花を見つけました。
長く伸びたピンク色の花。

DSC03317

なんだろう?この草花。見たところセロシアやケイトウに見えます。

DSC03319

色々調べた結果、野生のセロシア『ノゲイトウ』
のようでした。

IMG_20191002_211600

にゅ〜っと伸びた可愛い花。枯らすのは忍びない思いです。



DSC03326

最後の圃場で除草剤を使い切って、残りを後輩にバトンタッチ。
なんとか雨が降る前に終える事が出来ました。

DSC03331

トコトコと再び自走して、5キロ離れた会社まで戻ります。
保ってくれ!おらのお尻!

DSC03333

片付けを終え、少し余った時間で副社長の作業場を覗きに行きました。
先週に鉄筋棒を巻き込んで壊れたロータリーカルチの修理が行われていました。

IMG_20191002_212436
DSC03339

農繁期に1年後にしか使わない機械の修理に夢中になる師匠。
整備と修理がこの人の生き甲斐なのです。

これも、ある種理想の生き方のひとつ。

何も言えなくて 夏空

地元の稲刈りから始まった月曜日


今日は社長号・副社長号・若社長号・タケトラ号の4台稼働します。
それぞれが地元の4地域に別れて稲刈り。

DSC03224

このブログを読んでいる方には疑問に思っている方も多いと思います。

『こいつん所、ライスセンターどうなってんだ?』

実は我が社はライスセンターを所有していません。
地元の農協と、協力業者に完全委託しています。

当たり前解説・ライスセンター
稲刈りした籾はそのままでは食べられないのは勿論、商品にもなりません。
籾を選別・乾燥・籾摺りをして玄米にする必要があります。
それらの設備を備えた場所をライスセンターと呼びます。

愛知県西部には、様々な形体の稲作農家がいて
うちのようにライスセンターを持っていない稲作法人の他にも
  • 稲刈りとトラクター作業はするが田植えは外注する米農家
  • 外部からの籾を受け入れる前提のライスセンターを備えた米農家
  • 稲刈りだけを委託する米農家
等がいます。

コーヒーを飲みながら、籾運びの仲間達と今日の段取りを作戦会議します

まぁ実質ダベってるだけです

DSC03225

もう9月も終わるとは思えない蒸し暑さ。
寒暖差がないおかげで朝露もなく、すぐに刈り始める事が出来ました。


DSC03226

去年は出来が悪かった『あいちのかおり』
今年は流石に大丈夫だろうと思っていましたが、長梅雨とそこからの猛暑でイマイチな収量です。

DSC03227

あいちのかおりは、ゆるく頭を垂れて、枕地は倒伏しているくらいじゃないと駄目です。
今年もピン立ち。あぁ〜刈りやすいなぁ〜がっかり。

DSC03229

田んぼもカチカチに乾いて楽勝だと思ったら、この圃場は水路の水が染みてグチャグチャです。
なんでこの時期の水路に水があるんだ!?と疑問に思いますが、おそらく近くの蓮根農家さんが引いているのでしょう。
蓮根田は稲田と水が必要な時期がまったく異なるので、こういう事が起こります。

DSC03232

湿田に強いと言われるイセキのJAPAN。
JAPANは確かに湿田に強いですが、湿田はJAPANに強くありません。
5t近いコンバインで曲がると、田んぼが穴だらけになります。

ちなみに、このコンバインHJ6123は

『Harvester・Japan 6条刈り 123馬力

という意味です。

DSC03234

この端の放棄林の木は、流石に刈れません。
ノコギリで木を切らせて貰いました。

DSC03236

午後からは、ライスセンターの籾受け入れ量が確定したので、搬入量を調整しながらの稲刈り。
残しておいた、時間のかかりそうな草の多い田んぼを刈ります。

DSC03240

この圃場に生えているのはヒレタゴボウ
別名アメリカミズギンバイとも言って、水辺の雑草です。
日本の水田の環境とベストマッチして米農家を苦しめる恐ろしい外来種。
発生時期が他の雑草よりも遅く、気付いた頃には除草剤散布が不可能な時期になっているのです。

水田雑草にはそれぞれ、その雑草に有効な稲刈り方があります。
僕はヒレタゴボウの酷い圃場には、右側3条で刈ります。

DSC03243

稲よりも背の高いヒレタゴボウは、左の刈り取りから刈ると、縦に脱穀機に入ってきて詰まります。
右の刈り取りを経由したヒレタゴボウは、縦になりにくいのです。

DSC03241

しかしながら、そんなノウハウも、ズボラな水田管理のたまもの。
優れた機械は、湿田・倒伏・草等あらゆる悪条件でも稲刈りを可能にしました。
それに伴って僕ら大規模農家は、田んぼを悪条件にしない努力を怠るようになりました。

DSC03246

蒸し蒸しといつまでも暑いままの1日でした。
早生の稲刈りをしている気分です。
「夏みたいな空してるよ」
と籾運びの仲間が言いました。

参るね、まったく。



草の名前も知らなくて

子供も大人も楽しめる植物図鑑を買いました


DSC03182

農業者が、百の姓なんて呼ばれたのも今は昔。
各作物、各分野の専業化が進んで、僕に至っては農機運転しか出来ません。
水田雑草ならまだしも、道行く草の名前もほとんど知らないのです。

見た目で、イネ科だナス科だマメ科だキク科だくらいは分かるんですが、細かい名前となるとお手上げです。

そこで、身近な植物の名前に詳しくなれば、仕事がもっと楽しく毎日が発見だらけになるだろうと考えました


小学館の図鑑シリーズ。
DVDも付いて2000円でお得です。中身も良い。

DSC03183

始めの方にタンポポの見分け方。

外来種でセイヨウタンポポと在来種の日本のタンポポが載っています。
これは面白い。
セイヨウタンポポは『総ほう片』と呼ばれる部分が反り返っていますが、日本のタンポポは反り返っていません。
これは原産地であるヨーロッパで、ナメクジに花を食べられるのを防ぐ為に付いているそうです。

DSC03184

緑肥でお馴染みのレンゲソウと、マメ科雑草のカラスノエンドウ。
同じく緑肥として使うヘアリーベッチは、レンゲよりもカラスノエンドウに良く似ています。

DSC03186

大豆畑に生える、刈り取りで巻き込むと大豆を汚す困ったナス科の草。
アメリカイヌホウズキと言うんですね。

DSC03187

ネコジャラシの正式な名前はエノコログサ
キンエノコロやアオキエノコロ等、いくつか種類があるそうです。

DSC03189

『ひっつき虫』のひとつでもあるセンダングサ。
悪い雑草は、だいたいみんなキク科なんだ。

DSC03193

同じくひっつき虫のひとつオナモミ
これもキク科だとは知りませんでした。

DSC03192

秋の花粉症によく聞くブタクサ。
これは僕の地域では見ない草なんですよね。僕が見分けられてないだけかも知れません。

DSC03191

いやいや、植物図鑑!めちゃくちゃ面白いです!

普段からよく目にしている草花が、実はこんな名前でこんな性質だとは!という驚きで満ちています。
知っているつもりの事を、僕は全然知リませんでした。
インターネットの煩雑な知識が溢れている昨今。
ローテクかつシンプルな紙の図鑑の価値は、ずっと変わらずに素晴らしいままでした。


カルマ(業)の草取り

台風の余波で朝方まで荒れていた愛知県西部

今日は田んぼの草取りに来ました。

DSC02838

思いの外早く雨は上がったのものの、田んぼも稲も濡れています。
ついに今月初めに購入したカッパの出番です。

DSC02834

DCMブランド(カーマホームセンターのプライベートブランド)の3000円のレインスーツです。
透湿という事で期待しましたが、普通にムレます。
生地は軽くて快適でした。あとは撥水性能の耐久性が気になる所。

4人がかりで、要所要所の草を取っていきます

完璧に取る時間はありません。
コンバインが快適に刈れる状態に持っていくので精一杯。

DSC02839

この地方の、僕らのような大規模稲作法人の田んぼは、どこもかしこも草だらけです

古くは『賃耕屋』という、お客さんの田んぼの稲作作業を請け負う仕事から始まった僕らは、農機オペレーションに特化する反面、田んぼの管理が得意ではありません。

以前までは7割お客さんの田んぼで、3割しか自社の管理田んぼが無かったので大丈夫だったのですが、お客さんの高齢化や米価の下落などで年々管理田んぼが増えていきました。
今では7割近くが自社の管理田んぼになり、そうなると管理が途端に追い付かなくなったのです。


午後からは雨の心配も無くなったので、先週残した大豆畦畔の除草剤散布を終わらせます


DSC02847

今年の大豆は、長梅雨の前に一気呵成に蒔いてしまいました。
葉っぱばかり茂ってしまって、肝心の実入りが心配です。

DSC02848

除草剤散布が終わったら草取りの続き。
地元の50a田が、かなりひどい事になっています。

DSC02852

主に生えているのは、ヒエ・ヒレタゴボウ・クサネムです。
数回に渡る水稲除草剤の散布も、枯らすには至りませんでした。

DSC02854

原因ははっきりしています。
原因は、隣にある我が社の転作麦大豆と


DSC02865

西を走る本線水路です。

DSC02884

この地方では外周と中に深い溝を掘って作る転作小麦(夏秋は大豆)は、ちょっと問題をはらんでいます。

IMG_20190923_195255

外周の溝を稲田よりも遥かに深く掘る必要があるので、隣に稲田があると水が漏れるのです。
特に僕の地方の畦畔除草は、除草剤に頼り切り。
畦の崩落は当たり前です。

DSC02874

本線水路は、5月から9月の始めまで常に水が流れています。
老朽化が進んでいて、その水が染み出して田んぼに漏れるのです。

DSC02886

常時水が入ってしまう田んぼは、畦や排水口が決壊します。
水止めが決壊した田んぼは、てきめんに草が生えてしまいます。

また、カラカラの田んぼよりも濡れた土の表面が顔を出すような田んぼの方が、ヒレタゴボウのような草は生えやすいのです。
『水路からの水→畦の決壊場所へ』のように、水の流れがある田んぼは水稲除草剤があまり効きません。

そこまで分かっていながら、忙しさにかまけて指を咥えて見ていたのが僕らの不徳です

DSC02879

せっかく50aもある立派な圃場を、こんな勿体無い事にしてしまって痛恨の極みです。
除草剤も高額ですし、僕らの人件費も安くありません。

結局午後から4人で草取りにかかっても、半分も終わりませんでした。

情けない話ですが、ずっと
『草が生えたら水稲除草剤を散布』でやって来ました。
もう、それでは駄目なのだと感じ始めています。
『そもそも草を生やさない』管理に全力を注げるようにしないといけないのだと思います。












にわか雨にも蓮の花

2tエルフに2台の動力噴霧器を積んで、田んぼの除草剤散布にやって来ました

DSC01274
DSC01273

前に水稲除草剤・後に畦畔除草剤

本来ならばもう、田んぼの中の除草剤(水稲除草剤)の散布の時期は終わっています。
今日は、この時期までギリギリ散布可能な除草剤を用意して、刈り取りが難しい程に草の残る圃場をピンポイントで散布しに来ました。

例えば、こんな場所です

以前、水稲除草剤を散布したのですが、この1画だけは効果がイマイチでした。
何故かというと、この角に水の入口があるのです。
水路から染み出した水が常に草の株元を流れるので、除草剤の効果を流してしまうのです。

DSC01277

それを、動噴とすずらん噴口で除草剤散布します。
普段はブームスプレイヤばかり使っているので、ホースをひっぱって田んぼの中を歩くのが辛い辛い。

PICT_20190821_102159
DSC01278

予定していた圃場の水稲除草剤散布を終えても、まだ少し薬が残っていました。
散布が必要な圃場を探して見回りドライブです。

蓮根地帯では、ちょうと蓮根の花が見頃を迎えていました


DSC01302

蓮根の花は、ほんの数日しか保たない儚い花です。
その為、花ひとつひとつのタイミングのズレで、様々な姿に見えます。

DSC01288

DSC01291

DSC01299
DSC01300

散る寸前の白い花の中央には、蓮の実が出来かかっていました。

DSC01324
DSC01329

これが成長すると、こうなってーーー

DSC01330

そして、こんな蓮の実をつけます。これはちょっと不気味。

DSC01331

蓮根は地下茎で増えるので、蓮の実が回収される事はありません。
(少なくとも僕の地方では知りません)
蓮根の収穫の際にいくつかの種蓮根を残しておくと、それが再び育って増えるそうです。

泥から雄大な葉が育ち田んぼを覆い、神秘的な花を咲かせる

蓮が世界中で神聖視されるのも分かる気がします。


少し離れた場所に、花蓮根の田んぼもありました。
仏花として生産されている蓮根で、お盆が需要のピークとの事。

DSC01312

DSC01314

なるほど、これは美しい。

DSC01315

蓮根鑑賞を田んぼの見回りを終えて、地元の麦田周りの畦畔除草に移行しました

ブームスプレイヤで散布出来ない、稲田際や水路土手を除草剤散布します。

DSC01353_1

30分程散布した所で、土砂降りのにわか雨に見舞われました。
そんなのってないよ!
あまり降ると、朝散布した水稲除草剤も流れてしまいます。

DSC01338

その後は晴れて、きな臭い天気を疑いながら夕方まで散布を続けました

気温は先日よりも低い筈なのに、ひどい蒸し暑さに皆で言葉を無くしました。
あぁ…夏の終わりにはまだ早そうです。 
 




プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』