行楽

無趣味の代償

市内に、立派な公園があります

広いグラウンドにBBQの楽しめる国営公園と、
1歳児から小学生まで楽しめる大型遊具を備えた県営公園が隣接しています。

近隣の市や、県をまたいで遊びにくる家族連れも多数。
僕が子供の頃は、たまにしか連れて行って貰えない憧れの公園でした。

IMG_20191110_194506

そんな憧れの公園から車で10分の場所に家を買って子育てをしている割には、遊びに行くのは月に一度くらい。
世の中そんなものです。

今日は絶好の行楽日和

子供向け大型遊具のある県営公園の駐車場は満車でした。
河川敷の国営公園の駐車場に車を停めて歩きます。

P_20191110_133623_vHDR_Auto

今月は、三重県の遊園地併設ホテルに一泊二日の旅行を予定しています。
一昨日に回転寿司に行ったし、昨日は電車を乗り継いでお祭りや食べ歩きを楽しみました。
何が言いたいかと言うと、今日はもうお金を使わないぞ!という事です。

県営公園は家族連れで賑わっていました

この公園の目玉は全長70mのローラーすべり台。


P_20191110_134215_vHDR_Auto

これを滑っていると、春先の稲の苗出しでローラーの上を滑る稲苗の気分が味わえます。
※4月の画像です

IMG_20190415_195320

公園事務所にある、17(セブンティーン)アイスクリームの自販機でアイスを買いました。
140円のアイスで子供達を満足させられるのだから、ホントに安上がり。
しかしながら、17のアイスが僕の子供の頃よりもかなり小さくなった様に感じます。
僕の体が昔より、大人になったからなのか?(徳永英明)


P_20191110_142928_vHDR_Auto

公園の広報看板には、危険な外来種の警戒看板がありました。
セアカゴケグモは数年前から頻繁に目撃されていましたが、クビアカツヤカミキリは今回初めて知りました。
調べた所、バラ科の木を食い荒らす外来種のカミキリムシで、ソメイヨシノを枯死させる事もあるそうです。

P_20191110_142913_vHDR_Auto

県営公園でひと回り遊んでから、車を停めてある国営公園側に移動しました。
BBQ等を楽しんでいた多くの家族連れも、徐々に片付けを始めていました。

P_20191110_145726_vHDR_Auto

BBQ…思えばうちは、まだBBQをした事がありません。
子供がそこまで肉が好きでないのもありますが、そもそも僕がインドア派なのがいけないのでしょう。

子供が生まれてから、自分のやりたい事を手放しているうちに、子供に遊びを示せない親になってしまった気がします。
僕の父は
車・バイク・エアガン(サバイバルゲーム)・ギターが大好きな趣味に生きる男でした。(現在進行形)
父は善良な人ではありましたが、時間もお金も自分の為にしか使えない昭和の父親でした。
僕にとって父は強烈な反面教師で、僕は父親になった自分が趣味を持つ事を嫌悪するようになりました。

(このブログやYouTubeは趣味なんて生易しいもんじゃありません。僕の個人的な業務です)

P_20191110_145720_vHDR_Auto

そんな男の行き着く先が、BBQにさえ消極的な駄目な父親です。

農業をして、農業のブログを書いて、農業の動画を作る。
そうして作ったお金で、子供を遊園地に連れて行く。
これが本当に正しい事なのか、僕にはさっぱり分かりません。

P_20191110_150318_vHDR_Auto

グラウンドから、川のそばまで散策しました。
昼頃よりも風が冷たく感じます。
一級河川木曽川。幼い頃から見てきた風景です。

娘達は大人になった時、僕をどんな風に評価するのか。

羽島・柳ケ瀬ブルース

『電車に乗ってお出掛けがしたい』


8歳の長女が、先週からそう言っていました。
電車に乗るのが目的で、特に行きたい場所がある訳では無いようです。
自宅から最寄りの無人駅までは徒歩で20分。4歳の次女を連れて歩くと30分はかかります。

ぶっちゃけ乗り気ではありませんでした。

そこで、自宅から10kmの場所にある岐阜県の羽島駅まで車で行き、そこから電車に乗って岐阜中心部へ向かおうと思いたちました。

駅前のコインパーキングに車を停めて降りると、嬉しい誤算。
『ぎふ羽島駅前フェス』という大きなお祭りが開催されていたのです。

DSC04636

自衛隊の災害救援車両の展示。


DSC04650
DSC04640

パトカーに乗っての撮影。
税金のブースでクイズに答えたら、コアラのマーチが貰えました。
超太っ腹!

DSC04657

消防ポンプ車をバックに、火災予防啓発ヒーローとの撮影などイベントが充実しています。

DSC04667

住警器マンに
「お住まいのお宅には、『住宅用火災警報器』付いてますか?」
と言われて、ホントは付いてないのに
「あ……はい…、付いてます」
と、咄嗟に嘘をついてしまいました。

縁日グルメも充実

キッチンカーはもちろん、パンのマルシェもありました。
綿菓子も300円だったのでお値打ちだったと思います。こっちの縁日では500円します。

DSC04682

等身大のティラノサウルス

このお祭りの今年の目玉でもあります。
驚く事なかれ、このサイズでも首を振りながら口を開く動きをします。
リアルな質感ですが、スポンジの様な素材で出来ています。

DSC04672

化石販売のお店が出店していました。
『石割り三葉虫』が500円の破格!!
石から化石を、目の前でハンマーで割出してくれるのです。
思わず買ってしまいました。

DSC04678

お祭りを楽しんでいる最中にも長女が
「ねぇ、今日は電車に乗りに来たんでしょ。早く行こうよ」
とゴネるので、昼前に切り上げました。
羽島駅のホームで不機嫌な長女に
「目の前の楽しい事を精一杯楽しまないといけないよ」
と諌めると余計不機嫌になり、せっかくの電車移動もずっとムスッとしていました。

そんな訳で岐阜駅にやって来ました

DSC04697

岐阜駅前の繁華街、柳ケ瀬商店街を散策

美川憲一の『柳ケ瀬ブルース』で歌われている街です。
近年は衰退しているという噂を聞いていましたが、実際やってくると驚き。
年齢層は高いものの、かなり賑わっていました。
スバル車のイベントに、ダイハツ車のイベント。食べ歩きグルメに、スクリーンビュー。 
人の映り込みが多いので商店街の写真は撮れませんでした。不覚。


DSC04703
 
雰囲気のある鉄板焼き屋さん(褒めてる)で焼きそばとお好み焼きを食べました。

お酒をブラックコーヒーで割る『ブラックボール』のイベントも行っていて、そこでは柳ケ瀬で活躍するトゥクトゥク(タイの3輪)タクシーが展示されていました。
イベントの旗を着けて宣伝する仕事もしているようです。

DSC04702
DSC04714

かつての勢いを無くしたと聞いていた柳ケ瀬は、まだまだ『盛り上げていこう』という気概に溢れた、とても素敵な街でした。

DSC04715

さて、朝の9時半から羽島駅前のコインパーキングに停めた車。
午後4時半に精算すると500円でした。

DSC04724

安っす!商売する気あんのかいな…

裏切りの晴天・LEDの霹靂

キッチンの蛍光灯が点かなくなりました!

昨年、長寿命のLED蛍光管に交換したばっかりだったのに!

DSC03994

LED球自体は無事でも、回路が駄目になる事はあります。
これがあるから一概に「LEDは最高!!」と言えないのです。
結局蛍光管を買いに行く必要があります。

DSC03995

14年前は僕は、看板制作会社で看板職人をしていました。
看板と言っても様々な物があって、田んぼに立っているトタン看板だけではありせん。
建物に付いたステンレスの文字から、店舗の見取り図やピクトサイン等も看板会社の管轄です。

当時の看板には、ネオン管や蛍光管を仕込む物も多くありました。
14〜16年程前は、白色LEDが普及し始めた頃でした。
いくつかの電飾看板にも光源にLEDを使いましたが、頻繁に点かなくなりクレーム対応に工事に行くことがままありました。

「切れないって聞いたからLEDにしたのに!どういう事だ!?」

とよくお客さんから怒られたものです。


今日は朝まで雨が残っていたから休みになりました

しかし、何という事でしょう。
9時過ぎから晴れ始め、午後にはすっきりとした晴天。
こりゃ稲刈り出来たなぁ。

蛍光管を買うという名目でショッピングモールにやって来ました。
このショッピングモールには家電量販店のジョーシンが入っているのです。

DSC03987

ショッピングモールの駐車場は満車に近い賑わい。
我々ファミリー層は、常に出掛ける場所に困っています。
児童向け雑誌『小学1年生』に、夏休みに行く場所ランキングというアンケートがありました。

DSC04002

1位がショッピングモールで、2位がプール。

まったく我が家の夏休みそのものでした。

DSC04001

家電量販店のジョーシンで蛍光管を買い、ゲームセンターでクレーンゲームをしました。
小学生以下にクレーンゲーム無料券が当たるクジのイベントをやっていて、無料で景品を入手。
子供に大人気の『おしりたんてい』のぬいぐるみを取ることか出来ました。

DSC03997

おしりたんていは、幼児向けの絵本と、児童向けの児童書で出されているシリーズで、アニメにもなっています。
頭脳明晰でジェントルマンな探偵『おしりたんてい』が様々な事件を解決する物語。

DSC04004

ギミック満載の謎解き絵本で、大人が読んでも楽しい優れたコンテンツです。

DSC04005

買ってきた蛍光管を取り付けてキッチンは明るくなりました。
しかし、LEDと比べると少し暗いです。

DSC03996

稲刈りがあまり進まないまま、10月も20日を過ぎてしまいました

金曜にも、まとまった雨が降ると天気予報が言っています。
これは困った事になりました。

11月の小麦播種の前に、除草剤散布をしなくてはいけない麦田が20ha程残っています。
ぬかるんだ圃場はブームスプレイヤを入れられないので、これ以上雨が振って欲しくないのです。
今年は何一つ思い通りにならないなぁ。












やっつけコンバイン掃除七宝録

一雨ごとにブロッコリーが育っているのを感じます

しかし問題なのは、今日も雨と言う事です。

DSC03847

「雨だったら休みな〜」
という社長の曖昧な指示に従って、ギリギリの天気に出勤して驚きました。
社員が僕を含めて2人しか来ていませんでした。

取り敢えず雨の止み間に、ライスセンターにお米の引き取りに行きました


DSC03850

しかし、会社に戻る途中で再びの雨。
「こりゃもう駄目だな、今日は帰ろう。今帰っても日当はほとんど出ないけど、土曜日だし。無理して働くことないや。帰って家族で出掛けよう」
そう思い、会社で若社長に帰る事を告げると

「もう昼食の弁当頼んじゃったから昼まで居なよ。コンバイン掃除でもしたら?」

ぐぁーーー!!出遅れたっ!

せっかくなので、9時からお昼までコンバイン掃除です。

DSC03852

3時間でコンバインを綺麗にするのは不可能です。
要所に絞ってざっと掃除。
掃除に使うのは、エアコンプレッサーだけです。


 P_20191019_093638_vHDR_Auto

我が社で、機械整備をするのは副社長のみです。
とは言っても副社長が整備するのも、自分の乗るコンバイン(HJ698)とウイングハローくらいの物です。

専業オペレーターの僕は基本的な掃除は出来るものの、修理や細かい整備はからっきし。
すべてイセキ任せです。

農機整備というのは膨大な時間が必要です。
通常の稲作農家は稲刈り後に農閑期がありますが、転作や野菜に手を出した稲作法人には、じっくり機械に手を入れてあげる時間がまったくありません。

グレンタンクを開けるとある、この装置がDPFです

かなりタンクのスペースを圧迫していて、おかけでHJ6123のグレンタンクは上にせり出ています。

P_20191019_093645_vHDR_Auto

以前は股下にあったマフラーもこんな場所に。
マフラーがキャビンのそばにあるので、とてもうるさいです

P_20191019_093649_vHDR_Auto

ドラム周りも軽く掃除。
掃除口を全部開けると半日では終わらなくなります。
網と揺動棚はなるべく綺麗に。

P_20191019_093711_vHDR_Auto

倒伏田刈りが続いたせいで、揺動棚に泥が付いてフラットになっています。
まだ生乾きの泥をコンプレッサーで吹き飛ばします。

P_20191019_100909_vHDR_Auto

外せる外装はなるべくアルカリ洗剤で洗浄。
これにて時間切れです。
全て組み直して掃除を終えました。

P_20191019_114900_vHDR_Auto

午後からは家族で、愛知県あま市の旧七宝町にある

『あま市七宝焼アートヴィレッジ』にやって来ました。

七宝焼の展示と体験の出来る施設です。

DSC03892

子供から大人まで楽しめる七宝焼体験教室が常時行われていて、予約不要の30分ごとの受付。
1000円〜2000円の手頃な値段で楽しめます。

DSC03868

七宝焼と言うのは、金属の上にガラスの粉の釉薬を乗せて焼く事で、金属に色ガラスを固着させる工芸品です。

DSC03858

銅の下地にガラスの粉を乗せます。
これは指輪の宝石部分で、ゴールドの釉薬。

DSC03862

これが焼き上がりです。

DSC03894

妻が次女のリクエストで作ったのが

DSC03867

スイカ!

DSC03880

焼き上がりがこうです。素晴らしい。

DSC03890

アートヴィレッジそのものは、そんなに広い建物ではありませんが、手入れの行き届いた美しい施設です。

DSC03857


起伏のある芝生のグラウンドは、体を動かして遊ぶ事も出来ます。
まぁ今日はベチョベチョでしたけど。

DSC03889

午前中はホコリにまみれてコンバイン掃除をしていたなんて、嘘のようです。
忙しくも癒やされた1日でした。








『名前のない家事』

朝から小雨が降っていました

完全に寝耳に水です。今日の稲刈りはとても不可能でしょう。
ちょうど今日は体育の日の祝日で、妻も娘達も休みでした。
稲刈りの出来ない日の仕事と言ったらコンバイン掃除くらい
今年はよく乾いた田んぼばかりで、雨で田んぼがぬかるみ出したのも一昨日から。
さしあたって掃除の必要もありませんでした。

若社長に電話を入れて、今日は休ませてもらう事にしました


家族でどこかに出掛けたいものですが、妻も元々僕抜きの休日の予定を組んでいる筈でした。
「今日は休ませて貰ったよ。今日はどういう予定だった?」
妻に訪ねました。

「今日は部屋の掃除機かけをしなくちゃ。夕食は鶏肉を仕込んで、あとはアピタ(東海地方の大型スーパー)のユニクロに行きたい」

「掃除機と鶏肉は請け負います。アピタをイオンモールに変更出来ない?室内遊具施設のある、各務原イオンに行きたいんだ」

「分かった。何時に出る?」

「祝日は混むから、出来れば朝九時には出発したい」

「了解」


日本は夫の家事の参加率が低い国だと言われています。
我が家でも、僕の家事の分担率は23割程度。多くを妻に頼り切りです。

僕の受け持っている家事/育児

  • 朝食の炊飯 コーヒー
  • 長女の朝食の準備
  • ゴミ出し
  • 夕食後の食器洗い
  • 台所掃除
  • 娘2人のお風呂入れ
  • 長女の歯の仕上げ磨き
  • 娘2人の寝かしつけ
  • お風呂掃除

妻の受け持っている家事/育児

  • 3歳次女の朝食の世話
  • 娘2人の着替えと薬塗り
  • 朝食の食器洗い
  • 夕食の仕込み
  • 洗濯全般(干し、取り込み、畳み、収納)
  • 布団干し
  • 家中のタオル交換
  • シャンプー、洗剤、トイレットペーパー全般の補充
  • 食卓拭き
  • 部屋掃除
  • 日用品の買い出し
  • 食料品の買い出し
  • 次女の保育園送り迎え
  • トイレ掃除
  • 洗面台掃除
  • 娘たちを病院に連れて行く
  • 学校の懇談
  • 夕食作り
  • 次女の歯の仕上げ磨き
  • 娘達の髪のドライヤー
この他にも、家には『名前のない家事』が多く存在します。
我々男性は、『名前のない家事』を感じ取る感性に疎いので、妻のストレスになっている事が多いのです。

例えば、毎朝起きると妻は娘達のコップに水を注ぎ、飲めるように食卓に置いておきます。
こういった行為が『名前のない家事』です。
一つ一つはなんてこと無い行為でも、1日分積もれば大変な労力になるのです。

今こうやって文を書きながら反省しています

僕はなんて徳の低い夫だろう。
僕の受け持っている少ない家事でも、人からは「よくやってる方だ」と言われます。
これは日本の社会がまだまだ封建的で、
『夫は家事を全くしない』が前提だから褒められるだけです。

9時過ぎに家を出発し、岐阜県各務原のイオンモールにやって来ました

各務原イオンは、尾張周辺では名古屋市を除けば屈指の規模のイオンモールです。
10時前でも平面駐車場はほとんど満車。建物から少し離れた場所に停めることが出来ました。

各務原イオンには、高級室内遊具施設である『ボーネルンド・キドキド』があります。
僕が娘達を連れてキドキドで1時間半ほど遊んでいるうちに、妻は自分の買い物を済ませました。

P_20191014_100254_vHDR_Auto

その後は娘達にジェラートを食べさせて、Joshinのオモチャコーナーを軽く見させました。
このイオンには『トイザらス』もあるのですが、あそこは一度入ると1時間出られないので寄りませんでした。

P_20191014_112338_vHDR_Auto
P_20191014_112354_vHDR_Auto

帰り道、妻にユニクロで何を買ったのかと尋ねると、長女の服だと答えました。これも『名前の無い家事』でした。
結局妻が自分の為に買ったのは、ポール・マッカートニーの写真集付きのCDだけでした。

DSC03733

DSC03734
DSC03735

文にして改めて気付かされるのは、妻の娘達への深い愛情。
その隙間に、ほんの些細な楽しみとして買ったポールのCD。
僕は妻には、一生かなわないのでしょう。
プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ
  • 溝掘り畦塗りエトセトラ