行楽

『名前のない家事』

朝から小雨が降っていました

完全に寝耳に水です。今日の稲刈りはとても不可能でしょう。
ちょうど今日は体育の日の祝日で、妻も娘達も休みでした。
稲刈りの出来ない日の仕事と言ったらコンバイン掃除くらい
今年はよく乾いた田んぼばかりで、雨で田んぼがぬかるみ出したのも一昨日から。
さしあたって掃除の必要もありませんでした。

若社長に電話を入れて、今日は休ませてもらう事にしました


家族でどこかに出掛けたいものですが、妻も元々僕抜きの休日の予定を組んでいる筈でした。
「今日は休ませて貰ったよ。今日はどういう予定だった?」
妻に訪ねました。

「今日は部屋の掃除機かけをしなくちゃ。夕食は鶏肉を仕込んで、あとはアピタ(東海地方の大型スーパー)のユニクロに行きたい」

「掃除機と鶏肉は請け負います。アピタをイオンモールに変更出来ない?室内遊具施設のある、各務原イオンに行きたいんだ」

「分かった。何時に出る?」

「祝日は混むから、出来れば朝九時には出発したい」

「了解」


日本は夫の家事の参加率が低い国だと言われています。
我が家でも、僕の家事の分担率は23割程度。多くを妻に頼り切りです。

僕の受け持っている家事/育児

  • 朝食の炊飯 コーヒー
  • 長女の朝食の準備
  • ゴミ出し
  • 夕食後の食器洗い
  • 台所掃除
  • 娘2人のお風呂入れ
  • 長女の歯の仕上げ磨き
  • 娘2人の寝かしつけ
  • お風呂掃除

妻の受け持っている家事/育児

  • 3歳次女の朝食の世話
  • 娘2人の着替えと薬塗り
  • 朝食の食器洗い
  • 夕食の仕込み
  • 洗濯全般(干し、取り込み、畳み、収納)
  • 布団干し
  • 家中のタオル交換
  • シャンプー、洗剤、トイレットペーパー全般の補充
  • 食卓拭き
  • 部屋掃除
  • 日用品の買い出し
  • 食料品の買い出し
  • 次女の保育園送り迎え
  • トイレ掃除
  • 洗面台掃除
  • 娘たちを病院に連れて行く
  • 学校の懇談
  • 夕食作り
  • 次女の歯の仕上げ磨き
  • 娘達の髪のドライヤー
この他にも、家には『名前のない家事』が多く存在します。
我々男性は、『名前のない家事』を感じ取る感性に疎いので、妻のストレスになっている事が多いのです。

例えば、毎朝起きると妻は娘達のコップに水を注ぎ、飲めるように食卓に置いておきます。
こういった行為が『名前のない家事』です。
一つ一つはなんてこと無い行為でも、1日分積もれば大変な労力になるのです。

今こうやって文を書きながら反省しています

僕はなんて徳の低い夫だろう。
僕の受け持っている少ない家事でも、人からは「よくやってる方だ」と言われます。
これは日本の社会がまだまだ封建的で、
『夫は家事を全くしない』が前提だから褒められるだけです。

9時過ぎに家を出発し、岐阜県各務原のイオンモールにやって来ました

各務原イオンは、尾張周辺では名古屋市を除けば屈指の規模のイオンモールです。
10時前でも平面駐車場はほとんど満車。建物から少し離れた場所に停めることが出来ました。

各務原イオンには、高級室内遊具施設である『ボーネルンド・キドキド』があります。
僕が娘達を連れてキドキドで1時間半ほど遊んでいるうちに、妻は自分の買い物を済ませました。

P_20191014_100254_vHDR_Auto

その後は娘達にジェラートを食べさせて、Joshinのオモチャコーナーを軽く見させました。
このイオンには『トイザらス』もあるのですが、あそこは一度入ると1時間出られないので寄りませんでした。

P_20191014_112338_vHDR_Auto
P_20191014_112354_vHDR_Auto

帰り道、妻にユニクロで何を買ったのかと尋ねると、長女の服だと答えました。これも『名前の無い家事』でした。
結局妻が自分の為に買ったのは、ポール・マッカートニーの写真集付きのCDだけでした。

DSC03733

DSC03734
DSC03735

文にして改めて気付かされるのは、妻の娘達への深い愛情。
その隙間に、ほんの些細な楽しみとして買ったポールのCD。
僕は妻には、一生かなわないのでしょう。

ラストホリディ

今日は、稲刈り農繁期前の最後の決まった休みです

8月の終わりから『コシヒカリ』。9月半ばからは『あさひのゆめ』の刈り取りをしていました。
コシヒカリは5ha前後、あさひは20ha程度なので今まではボチボチの稲刈りで充分まかなえていました。

10月から刈り取りの始まる『あいちのかおり』は愛知県西部で最も栽培されている品種で我が社の稲刈りはここからが本番です。

稲刈り農繁期には定休日がなくなり天気都合のスケジュールになるので、家族で過ごせる休みは今日で最後でしょう。



朝8時から町内の公園で、消防団員選出のくじ引きがありました

僕の住む町内は、4年に1度消防団員の選出を行います。
選ばれた消防団員は2年間消防団に従事します。
消防団の資格者は18歳〜40歳の男性とのこと。

4年前も僕はクジを引いて免れました。
4年前は資格者は18歳〜35歳だったので

「4年後には僕も35歳だから、もう資格はなくなるな」

と安心しきっていたら、人口減少のせいであっさり40歳までになりました。
4年後には間違いなく45歳までになっているでしょう。

日曜の朝から、町内の公園に集まった浮かない顔の男性4人。
町内会長が用意したアミダくじにそれぞれが名前と線を書きます。
「くじで当たったら仕方ないッスよね?」
などと皆で苦笑いしながらアミダくじを開封し、僕は今回も消防団を免れました。

昼食にはサンドイッチを作りました

兵役を免れた開放感から、量を作り過ぎました。

DSC03195

普段の夕食は妻が作ってくれますが、休日の昼食は基本的に僕の担当です。
これが農繁期で休めなくなると作れなくなるのが心苦しいです。

外から見たら農業者の僕も、妻から見ればただのサラリーマン。
7歳と3歳の子供のいる家庭で土日も父親が家にいないのは、妻の負担を大きくします。

そんな申し訳なさもあって、今日くらいは家族で楽しみたいと思っていましたが、くじ引きしたりプリキュアを見たり豚汁やサンドイッチを作っているうちに昼になってしまいました。

DSC03209

午後からは、来週に控えた長女の誕生日のケーキを予約に行きました

長女は生クリームを好まないので、毎年アイスケーキを予約します。
アイスが安いシャトレーゼ!

DSC03200

9月末なのに30℃越えの気温です。ついでにアイスを買って食べます。
子供達もここ最近は、虫歯予防で甘い物を制限しているので、すごい食いつきです。

DSC03203
DSC03205

その足で近くのブックオフへ

ブックオフ!?農繁期前の最後の休みにブックオフ!?
これが、うちの家庭の限界なのでしょう。

DSC03206

長女が買った本は、ワクワクお仕事ナビ
各お仕事の説明と、項目のチェックシートを記入するだけで自分に向いた職業が分かる本です。

DSC03211

驚いたのはおおよその月収まで書かれている事です。
これがやたらとリアル。
運転士の給料が18万円〜と書いてあった時には泣きたくなりました。
女児と言っても、女性は女性。現実主義なんですね。

DSC03213

チェックシートを元に、長女は何やら一生懸命書いています。

DSC03210

夢が宇宙飛行士で、気になる職業が占い師!?

2位が獣医って…あんた動物苦手やろ……

DSC03221

農繁期前の最後の日曜休みが、消防団員アミダくじブックオフのビミョーな本の話題で終わったのが痛恨の極みです。

さぁ今年の稲刈り農繁期はどんな事があるでしょう。
怪我なく事故なく、頑張るぞー!!

本屋はどこに消えたんだ!?

先週から7歳の長女に、付録付きの雑誌を買ってあげる約束をしていました

稲刈りで忙しくなる前に実家に顔も出しておきたかったので、実家にいくその足で本屋に寄る予定でした。


土曜日は家の事が溜まっていて、細々と忙しいです。
妻は朝から部屋の掃除。
僕は台所と浴室の掃除を担当しています。

それと、しょうもない仕事がひとつ

DSC02789

3歳の次女が蹴破った壁の補修です。
部屋で勢い良くでんぐり返しをした次女が突き出した足が、壁の石膏ボードに穴を空けました。

築30年の中古住宅とは言っても、悲しくて泣きそうになりました!

化粧ベニヤに壁紙を貼った物で塞ぎます。

DSC02790

ところで先日、山梨県笛吹市の葡萄農家さんから、葡萄を購入しました

ツイッターを始めた初期からの馴染みのフォロワーさんです。
去年買ってとても良かったので、今年も注文しました。

IMG_-q2mqti

シャインマスカットを中心に、その他4品種。
全部で4キロもあります。

DSC02732

これを、いくらか実家に持って行きます。
掃除やら家の事が終わって、3時に家を出発しました。

待ちわびた長女は、テンションMAXではしゃいでいました

それまで長女には「付録雑誌を買ってあげるから」とエサで釣り、3連休の宿題を全て終わらせたり、苦手な食べ物を食べさせたりしていました。

しかし道中にある本屋が、市会議員選挙の手伝いで臨時休業

仕方ないので、実家への道を迂回して17年前に通っていた工業高校そばの本屋に向かいました。
CDも販売していて、インディーズコーナーもありました。
当時、BUMP OF CHICKENのインディーズアルバムを買った記憶が蘇ります。

更地になってました!

IMG_20190921_210925

嫌な予感はしたんです。
それならもう1軒、20年前に通っていた本屋を目指します。
当時中学生だった僕は、その本屋でライトノベルを買っていました。
スレイヤーズ…、オーフェン、角川のファンタジーノベル全盛期の思い出が頭をよぎります。

胡散臭い健康ストアになってるーーー!!

IMG_20190921_211237

本気で書店難民になって来ました。

ちょっと長女に御褒美の付録雑誌を選ばせてあげたいだけなのに!

いや、まだ小学生の頃に少年ジャンプを買う為に通っていた本屋さんがあります!
5人兄弟の僕は、兄弟でお金を出し合ってジャンプを買っていました。
当時、弟はまだ幼かったので4人で50円ずつ出して200円のジャンプを買っていました。
店内に陳列された成人誌にドキドキした思い出がーー(以下略)

はい!クリーニング店になってました!

IMG_20190921_212628

それも現在は、クリーニング店も閉店していました。
いやはや、Amazonの浸透で町の本屋が潰れているとはかなり昔から聞いていましたが、子供の頃から思い出の残る本屋が軒並み潰れているのは驚きでした。

結局そのままイオンモールまで行きました


DSC02794

イオンモールには夢屋書店が入っています。ここは先週にも行ったばかりなので間違いありません。

長女はディズニー系の雑誌を、次女は幼児雑誌の『めばえ』を購入。
ディズニー雑誌は付録は豪華だったものの、1000円の値段に閉口しました。

DSC02806

実家で父に、書店がみんな閉店している話をすると
「そうだよ。もうこの町には本屋はイオンモールにしかないんだよ」
と笑っていました。

「でも、父ちゃんも随分雑誌買ってるだろ?困らないの?」

「もう雑誌、1冊も購読してないよ。知りたい事は全部ネットで調べて、あとはYouTube!!」

「……YouTube!?」

65歳の父でさえ、とにかくネットとYouTube。
こりゃ本屋が潰れるのも無理はないや。

初料理と自閉症の兄のプレゼント

我が社のお盆休みは、月曜から金曜までの5日間です

今朝は7歳の長女を連れて、近くの県営公園のプールにやって来ました。
広い敷地に真新しい遊具を備えた公園も、この暑さで遊ぶ子供はゼロ。

9時前で軽く30℃以上あります。

P_20190813_101801_vHDR_Auto

プール自体のキャパは大きいのに、駐車場はすぐにいっぱいになってしまうこの公園。
空いてるうちに来るのが吉と思っていましたが早すぎました。
受付20分前に到着。まったく一番乗りです。

P_20190813_084049_vHDR_Auto

市営プールのほとんどは浮き輪が禁止です。
水遊び目的より、水泳目的が強いのでしょう。
ここは県営で、数少ない浮き輪の使えるプールです。
小学校低学年までくらいの子供が遊ぶには、やはり浮き輪の使えるプールが安心です。

P_20190813_084035_vHDR_Auto

プール内はもちろん撮影禁止なので画像はありません。
グーグルマップの航空写真がありました。
画像はちょっとオフシーズンで水が濁っています。

IMG_20190813_194640

水深30cmの幼児用プールに、水深90cmの8の字プール。
本格的なウォータースライダーも備えています。
小学校低学年を連れてくるには、充分なプールでした。

長い夏休みも、子供を連れて行く場所には非常に苦労します

毎度毎度プールにいくのもしんどいですし、こんな猛暑の炎天下では外で遊ぶのも不可能です。
夏休みの子供の体は、鈍ってなまって仕方ありません。

全天候型の子供用の室内運動施設があれば良いのに。


プールから帰って、長女と2人で2時間かけて読書感想文を完成させました

これで、お盆休み中に終わらせたい宿題はポスターだけです。

もう僕の今日の『お父さん仕事』は終わりだろうと思ったら

「お父さん!これ作ってみたい」

長女が先日買った料理の本を持ってきました。

DSC00897

「えーもう許して!」という心の声を圧し殺して、長女が作りたいという『人参のグラッセ』作りに付き合う事になりました。

DSC00895

その昔、自閉症の兄が長女に買ってくれた子供用の包丁とまな板をひっぱり出します。
3年程前に兄から貰った物です。使うのは今回が初めて。

DSC00898

僕は、全員男の5人兄弟の4男として生まれました

3人いる兄のうちの、次男の兄は自閉症スペクトラムの発達障害がありました。
自閉症スペクトラムと言っても、100人100色の特性があると思います。

僕の兄の場合は
  • 言葉が喋れない(「はい・いいえ」「これください」くらいは言える)
  • 自分の気持ちをアウトプットする能力がほとんどない
  • 他人の気持ちをほとんど理解できない
  • 融通ゼロの強烈なこだわり
と、いった物です。
何を考えているのか他人には理解されにくい反面、他人からの悪意には敏感な繊細さを持っていました。
現在は、建築職人の父の手伝いをしています。

そんな兄は、僕の娘たちの事はとても可愛く思っていました

誰に言われるでもなく、うちの娘達の喜びそうな物をいくつも買ってきて(僕を困らせて)くれました。

この料理セット 兄が長女の為に一生懸命選んだ物です

自閉症の兄が、他人の為に思いを巡らせて行動しプレゼントを買ってくるというのは、僕ら家族にとってはとても救いになりました。

DSC00911

皮を剥いた人参を輪切りにします。
「包丁を使う時は、左手は猫の手!
と長女に何度も大声で注意したら半ベソになりました。
輪切りにした人参を、竹串が軽く通るまで茹でます。

DSC00922

茹でた人参のお湯を切って、砂糖・バター・塩を入れて水気が無くなるまで弱火で煮ます。

DSC00928

人参のグラッセの完成です

僕は隣で口やかましくしていただけで、長女がほとんど一人で完成させました。

DSC00936

子供と過ごしていると、幼かった頃の自分を思い出します。
兄弟も多く、親は自分の事で手一杯。
僕は孤独で卑屈で、絵を描くか本を読むかが楽しみの大人しい子供でした。
「兄弟が多いのに孤独?」 
と疑問に思う方もいるかも知れません。でも、そういう兄弟だったんです。

気付けば、幼い頃の自分そっくりに育っていく長女。
漠然とした不満が胸の中で渦巻いています。
質は変えられなくても、僕ら親が寄り添ってあげるだけで救える筈です。




サマーバケーション四苦八苦

家族で岐阜県大垣市の養老公園・こどもの国にやって来ました



僕の住む愛知県稲沢市よりも山手にあるせいか、1・2℃涼しく感じます。
まぁ気のせいかも知れません
景色が良いと涼やかに感じるものです。

DSC00382

全国的に猛暑日が続いています。
立派な公園ですが、人影はまばら

春の桜秋の紅葉が見どころの養老公園は、真夏は悲しい程閑散とします。
『こどもの国』の隣には『養老天命反転地』というアート公園があります。

750円の入場料で、よく分かんないアート庭園を体感出来ます

IMG_20190803_185316

その昔、まだ子供が生まれる前の真夏に行った事があります。
暑さで汗だくの警備員のおじちゃんに

「こんな季節にこんな所に来たらいかん。海に行きなさい」

と言われた事がありました。


今日の目的は、こどもの国の夏休み限定の『こどもプール』です

無料で楽しめて浮き輪も使えるプール。

IMG_20190803_174701

プールなので写真はありません。
長女の描いた絵日記のイラストがあります。

DSC00418

こじんまりとしていても独特の形で広々楽しめました。
しかし、面積は300㎡って……3aかぁ…。
どんな面積も農地で換算してしまうのか農業者の悪癖。

「3aで、ひょうたん型の変形田だったら、代かきでも稲刈りでも大変だなぁ」

とか考えてしまうからほとんど病気です。

浮き輪も使えるプールに長女は大満足でしたが、なにせ山手の公園。
プールにもまぁまぁの虫が浮いていて、虫嫌いの次女は嫌がって入れませんでした。

DSC00386

妻も長女も、裸眼視力は0.1。僕は0.6位なので細かい虫は気になりません。
こんな時に次女の視力の良さが仇になりました。

DSC00405

我が家はめっぽうインドア派です

娘二人ともに僕に似て、ビビリで神経質な質を持っています。
長女は特に家では本ばかり読んでいます。
もし、子供が娘じゃなく息子だったら、もっと変わっていたのでしょうか。

まぁ、僕自身は仕事がアウトドアなので、野遊びはお腹いっぱいなんです。
子供たちも暑いのと虫は大嫌い。どこに行けっちゅーねん。


思えば僕も幼い頃は、ひたすら絵を描いて工作をして、本を読んでいました。
元々、車やエンジン等のメカには興味がなかったです。
今でも実を言うと車の運転が好きではありません。

大人になり、仕事も責任が増え、ましてや人の親になると
自分の『やりたい事』『やるべき事』の区別がつかなくなってきます。
仕事のトラクターも、子育ても、このブログも僕の中では
『やるべき事』です。

僕のやりたい事ってなんだろう。



プロフィール

タケトラそう

ギャラリー
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』
  • 『名前のない家事』