今日は梅雨らしい雨

少しでも晴れの日は除草剤散布に追われています。
だから散布の出来ない雨の日も、やるべき事が溜まっています。

今朝は、この田んぼの土手を直しに来ました。


DSC08764

排水口周辺から水が漏れて、土手が崩落しているのです。

ここら一帯は畑砂のような土質で、水保ちが大変悪い地域。
週に2日しかない水引きの日にたっぷり水を入れないと、翌週の水引きまで保たないのです。

この土手は何度も土を盛っても、多めに水が入ると崩落してしまう困った場所でした。
ここの畑砂は土手も盛るのにも向いてないのです。

DSC08767

とりあえず、掘り返して崩落の原因を追求します

P_20190711_084229_vHDR_Auto

なるほど!

幅が2m以上の土手に、排水の土管が2本継いで埋まっていました。
その継ぎ目から水が漏れるせいで、土手の内部が浸食されていたみたいです。
排水口はもう1箇所あるので、ここは潰してしまいます。

P_20190711_085942_vHDR_Auto
P_20190711_085948_vHDR_Auto

土管を撤去して一度会社に戻ります。
土手の土は水と一緒に流れてしまっています。
会社で、土手を埋める土を用意しなくてはいけません。

P_20190711_085939_vHDR_Auto

と言う訳で、会社の土場の苗捨て山の土を、ローダーで積みに来ました。

P_20190711_092742_vHDR_Auto

小型のクローラダンプに山盛り積んで

P_20190711_095113_vHDR_Auto

クローラダンプを4トン車に載せて現場へGOです!

DSC08777

そのまま、掘り返した場所に苗土を投入します。
コンクリートそばの土管穴は塞いで、布で養生。

P_20190711_102128_vHDR_Auto

うん、完璧。これなら大丈夫でしょう。

P_20190711_104023_vHDR_Auto

機械を洗って片付けて、午後からはカボチャ磨きの手伝いです


DSC08802

コンプレッサーとタワシを組み合わせたブラシでカボチャを磨きます。
※丁度今日、動画を作りました

DSC08785

その磨かれたカボチャをひたすら、パレットに並べるシンプルな仕事。

DSC08801


シンプルながらキツイ!シンプルにキツイ!

1〜2キロのカボチャでも、何百個も並べるのは大変です。

DSC08810

トラック1車分のカボチャ。

なんとか5時までに終わらせたい!

DSC08813

我が社は米の農繁期以外は残業をしません。定時厳守です。
これは、5時に帰れると言うよりも5時までにケリをつける。
と言う事です。

DSC08816

全部終わって、4時45分!

稲作しか収入の無かった我が社が、冬のブロッコリーと夏のカボチャに着手して10年近く経ちました。

この地域の稲作法人はトラクターのオペレーションを主な仕事とする為に、屋号に『トラクター』と付きます。

我が社は『東川トラクター』と言います。
そんな我が社も夏冬の野菜の比重も重くなってきました。
主に野菜を担当しているブラジル人の後輩は

「もうここは、『東川トラクター』じゃないヨ!『東川ブロッコリー&パンプキン』ダヨ!」

と良く笑っています。